FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り...............《 湯島天満宮 》 (2019年1月3日)(東京都文教区) 

1月8日

この日は都内に出かけました。

10時45分から御茶ノ水の指定医療機関で健康診断。
健康診断の前にちょっぴり道草。
上野不忍池から湯島方面へと歩きます。

向かった先は.....................湯島天満宮。


湯島天満宮は、東京都文京区湯島に鎮座する神社です。

通称、湯島天神。
古来より江戸・東京における代表的な天満宮であり、
学問の神様として知られる菅原道真公を祀っています。

社伝によれば、雄略天皇2年(458年)、雄略天皇の勅命により
天之手力雄命を祀る神社として創建されたと伝えられています。

南北朝時代の正平10年(1355年)、住民の請願により
菅原道真を勧請して合祀しました。
徳川家康が江戸城に入ってからは、徳川家の崇敬を受け、
江戸時代には多くの学者・文人がからの崇敬を集めました。

近年では、受験シーズンに多数の受験生が合格祈願に訪れ
学問の神として崇拝されています。


御祭神は、天之手力雄命 、菅原道真公 。



折しも、1月8日。
まだまだ新年の初詣時期となり、境内には縁日のような屋台が並びます。
その屋台に隠れるように建つ社号標。

      20190108湯島天満宮01



こちらが表参道。

      20190108湯島天満宮02

社頭の鳥居。



鳥居の脇には、由緒書き。

      20190108湯島天満宮03



その近くには、文京区教育委員会の建てた、湯島天満宮の説明板。

      20190108湯島天満宮04



社殿へと続く参道。

      20190108湯島天満宮05

両脇には屋台が並ぶ。


こちらは撫で牛。

      20190108湯島天満宮06


天満宮では、牛は神の使い。

      
20190108湯島天満宮07



参道の手水舎。

      20190108湯島天満宮08



こちらにも撫で牛。

      20190108湯島天満宮09




参道の狛犬。

      20190108湯島天満宮10


      20190108湯島天満宮11



こちらが、拝殿。

      20190108湯島天満宮12



拝殿正面。

      20190108湯島天満宮13


      20190108湯島天満宮14


      20190108湯島天満宮15


      20190108湯島天満宮16




別アングルからの拝殿。

      20190108湯島天満宮17


      20190108湯島天満宮18



そして、こちらが本殿。

      20190108湯島天満宮19



湯島天満宮には、参道口が三ヶ所あるようです。


表参道とは別に、本殿の裏手である春日通り側にも立派な参道があります。

      20190108湯島天満宮20

本殿裏手になるから、裏参道になるのかな?


裏参道(?)側の社号標。

      20190108湯島天満宮21


石段の坂は夫婦坂。


石段の先には神門。

      20190108湯島天満宮22



神門に掲げられた提灯。

      20190108湯島天満宮23



そして、3つの参道口。
社殿の右側へと導く石段。


急な石段は、男坂。

      20190108湯島天満宮24


男坂の説明板。

      20190108湯島天満宮25

ちなみに、緩やかな坂の石段は女坂と言うらしい。




境内社の戸隠神社。

      20190108湯島天満宮26


      20190108湯島天満宮27



同じく境内社の笹塚稲荷。

      20190108湯島天満宮28



こちらは、火伏三社稲荷社。
同じく境内社です。

      20190108湯島天満宮29



こちらは休憩所?
額殿か何かの跡のようですが...................よく分かりません。

      20190108湯島天満宮30

自販機も数台置かれています。




こちらは、宝物殿。

      20190108湯島天満宮35




こちらは、筆塚。

      20190108湯島天満宮33



筆塚の脇には、湯島天満宮の説明板碑。

      20190108湯島天満宮31




境内には記念碑も多い。

      20190108湯島天満宮32


      
こちらは、「講談高座発祥の地」と刻まれた石碑

      20190108湯島天満宮34




拝殿脇の絵馬奉納所。

      20190108湯島天満宮37

受験シーズンも直前。
この絵馬の量にはちょっぴり驚かされました。




御朱印は、参集殿の授与所にて頂けます。

      20190108湯島天満宮36



さすがに、都内のメジャーなお宮さん。
御朱印もそれなりに順番待ち。

      20190108湯島天満宮38



10分ほど待って、いただいた御朱印がこちら。

      20190108湯島天満宮39

特に受験をする事はないけれど、最近は物忘れ(健忘症?)が多くなってきたみたいだから
学問の神様のご加護を得て、物忘れが少なくなると良いなぁ.................。



関連記事
スポンサーサイト



2019/03/06 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit