FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り...............千住本氷川神社 (2019年1月4日)(東京都足立区) 

1月4日

この日も12時からの遅番勤務。
昨日の取りこぼしとなる千寿七福神の神社巡り。

都内足立区、御朱印拝受の出勤前の散歩です。

大川町氷川神社をあとにして、向かった先は................千住本氷川神社。


千住本氷川神社は、足立区千住に鎮座する神社です。

徳治2年(1307年)、千葉氏が牛田の地に千葉山西光院(旧別当寺)と
氷川社を創建したと伝えられています。
また、千住町が宿場町として発展し始めた江戸時代の初期、
当地の地主が社地を寄進し、現在地に牛田の氷川社の分社を創建したとされています。
その後、明治44年に牛田氷川神社は、その社地が荒川放水路の用地となったため、
分社であった当社に合祀されたとされています。


御祭神は、素盞鳴尊。



社頭。

      20190104千住本氷川神社01



一の鳥居に掲げられた神額。

      20190104千住本氷川神社02



同じく、一の鳥居に掲げられた提灯。

      20190104千住本氷川神社03


こちらは、二の鳥居。

       20190104千住本氷川神社04



手水舎。

       20190104千住本氷川神社05


境内の狛犬。

      20190104千住本氷川神社06


      20190104千住本氷川神社07



こちらが、拝殿。

      20190104千住本氷川神社08



拝殿正面。

      20190104千住本氷川神社09


      20190104千住本氷川神社10


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190104千住本氷川神社11

社号ではなく、素盞嗚尊。



別アングルからの拝殿。

      20190104千住本氷川神社12



境内社の稲荷神社。

      20190104千住本氷川神社13


境内には、社殿の前に茅の輪があったけれど
こうやって、その茅の輪の説明板が設置されていると言うことは
茅の輪は常設されているのだろうか。

      20190104千住本氷川神社14



さらには、旧社殿についての説明板。

      20190104千住本氷川神社15

千住本氷川神社の旧社殿は、足立区の指定文化財のようですが
現在は千寿七福神の大黒天が祀られています。
千寿七福神の大黒天については、別の機会に触れたいと思います。




神示殿。

      20190104千住本氷川神社16

いわゆる神楽殿ですね。


 
境内の神輿庫。

      20190104千住本氷川神社17



境内にひっそりと建つ碑。

      20190104千住本氷川神社19

『ラジオ体操発祥の地』と刻まれています。



こちらが、社務所。

      20190104千住本氷川神社18

御朱印はこちらで拝受できます。



そして、こちらが千住本氷川神社の御朱印。

      20190104千住本氷川神社20


社務所にて拝受いたしました。






関連記事
スポンサーサイト



2019/02/27 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit