FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り...............元宿堰稲荷神社 (2019年1月3日)(東京都足立区) 

1月3日

この日は、出勤前に都内・足立区の神社巡り。
御朱印拝受の散歩となります。

千住神社をあとにして、向かった先は................本宿堰稲荷神社。


本宿堰稲荷神社は、足立区千住桜木に鎮座する神社です。


第116代桃園天皇の御代、宝暦4年(1754年)の創建と伝えられますが、
詳細は不明となっています。

古来より現在地に鎮座して、信仰心の篤い郷民により
地域の鎮守として、年中の祭祀も継続されてきました。
昭和20年に元宿神社の飛地境内社に編入されました。
しかし、この辺りには他に独立した神社が無く
奉祭する社を欲した住民は鎮守社の設立を願います。
元宿神社の諒解を得て、昭和22に設立を願い出、
昭和23年に承認され、千住桜木町の鎮守として復祀されたそうです。


御祭神は、宇迦之御魂命・大国主大神。



堤墨通り沿いに鎮座する小さな神社です。

      20190103元宿堰稲荷神社01



社号標。

      20190103元宿堰稲荷神社02


真新しい(?)赤い幟が一際目に映えます。

      20190103元宿堰稲荷神社03


赤い鳥居が連なるのは、いかにも稲荷神社。

      20190103元宿堰稲荷神社04



手水鉢。

      20190103元宿堰稲荷神社05


神使いの狐。

      20190103元宿堰稲荷神社06


      20190103元宿堰稲荷神社07



拝殿。

      20190103元宿堰稲荷神社08


拝殿正面。

      20190103元宿堰稲荷神社09



よく見ると、数人の人が座っている。
てっきり氏子さんたちの集まりだと思っていたら、
御朱印を待っている人たちでした。

      20190103元宿堰稲荷神社10





別アングルからの拝殿。

      20190103元宿堰稲荷神社11


      20190103元宿堰稲荷神社12




拝殿前の天水桶。

      20190103元宿堰稲荷神社13





境内社・水神社(水速女命)。

      20190103元宿堰稲荷神社14



そして、こちらが御朱印。

      20190103元宿堰稲荷神社15


境内社・水神社(水速女命)の御朱印。

      20190103元宿堰稲荷神社16


一昨年前までに書かれていた『鳳祥』の御朱印。

      20190103元宿堰稲荷神社17

大人の事情で昨年から執りやめたそうですが、
今回無理を言って墨書きしていただきました。



実は、こちらの神社は毎年正月の三ヶ日だけ御朱印を拝受しています。
この御朱印を拝受するための待ち時間が40分。
私の前に4人待っていて................まさか、御朱印を貰うのに40分も待つなんて。
初めての経験です。

この後の予定がかなり変わっちゃいました。





関連記事
スポンサーサイト



2019/02/24 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit