FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り................丹生神社 (2019年1月2日)(千葉県習志野市) 

1月2日

新年2日目。

この日も仕事は休み。
12月31日、1月1日、2日と近年では考えられない3連休。

もともと、正月休みって言う文化が無かったから
コレと言った予定もないから、この日も御朱印目的の初詣。
八千代・習志野界隈の神社を巡ります。


誉田八幡神社をあとにして、向かった先は................丹生神社。


丹生神社は、習志野市八津に鎮座する神社です。

承応4年(1654年)に紀伊国の丹生都比売神社の祭神である丹生比売命を勧請して
創建したされています。
大正7年(1918年)に旧・八津村の稲荷神社・水神社・蛭子神社を合祀したそうです。


御祭神は、丹生都比売尊(にうつひめのみこと)
     伊弉冉尊(いざなみのみこと)。



京成本線沿いに鎮座する神社。
電車からも見える神社で、以前から気になっていました。
昨年の12月に御朱印の事を問い合わせてみたら
何と、今年の元旦から御朱印を拝受してするとの事でした。


こちらも、満を持しての参拝です。


こちらが、社号標。

      20190102丹生神社01


神社社頭。

      20190102丹生神社02


鳥居に掲げられた神額。

      20190102丹生神社03


鳥居の先は石段。
20段ほどの石段を上がれば境内です。

      20190102丹生神社04


旧・谷津村の鎮守。
いやゆる地元の氏神様。
正月だからか? 近隣の初詣の参拝者がゾロリゾロリとやって来る。



手水舎。

      20190102丹生神社06


その脇に建つ丹生神社の説明板。

      20190102丹生神社05



こちらが、拝殿。

      20190102丹生神社07



拝殿正面。

      20190102丹生神社08



別アングルからの拝殿。

      20190102丹生神社09


      20190102丹生神社10



そして、こちらが本殿。

      20190102丹生神社11



拝殿前に鎮座する狛犬。

      20190102丹生神社16


      20190102丹生神社17



拝殿の屋根には、波型の瓦。

      20190102丹生神社12

なかなか珍しいですね。


鬼瓦にも波の紋章?

      20190102丹生神社18



拝殿脇では振る舞いの御神酒も用意されています。

      20190102丹生神社19

勧められましたが、流石に車の運転があるので
丁重にお断りいたしました。



境内社。

      20190102丹生神社13


     20190102丹生神社14


      20190102丹生神社15



さほど広くはない境内ですが
祠や板碑、記念碑が点在しています。

      20190102丹生神社20


      20190102丹生神社21


      20190102丹生神社22


      20190102丹生神社23


      20190102丹生神社24


      20190102丹生神社26




こちらが、漁業組合解散の記念碑。

      20190102丹生神社25

なぜ、丹生神社の境内に漁業組合解散の記念碑? と思うけれど
どうやら、昔は、この神社近くまで海だったらしい。
確かに、習志野市の谷津地区は干潟を埋立したと言う話はよく聞きました。
なるほど、すぐ近くまで海があったんですね。




神楽殿。

      20190102丹生神社27



こちらは社務所。

      20190102丹生神社28

普段は無人のようです。



こちらが、授与所。

      20190102丹生神社29

御朱印はこちらで拝受しました。




こちらが、丹生神社の御朱印。

      20190102丹生神社30

実は、元旦から御朱印の対応をする予定だったと言う事でしたが、
元旦が余りにも忙しかったので、1月4日から対応することにしたそうです。

『元旦をさけて、新年早々に休みが取れたらお邪魔します。』
そんな電話をさせていただいていた事を宮司さんも覚えていてくれて
何と、特別に墨書きしていただきました。

はい、丹生神社の御朱印、第1号となりました。
貴重な御朱印、ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト



2019/02/20 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit