FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

助崎 須賀神社 (2018年1月1日)(千葉県成田市) 

1月1日

元旦のこの日、2019年の初詣ツアーと称して
普段、行けない神社。
行きづらい神社。
行きたいと思っていた神社。
宮司さんに会えず、御朱印を拝受し損なった神社。
諸々の神社を参拝しちゃいましょう。

と言う事で、山倉大神をあとにして、向かった先は................助崎 須賀神社。

助崎 須賀神社は、成田市名古屋に鎮座する神社です。


安政年間に社殿が全焼したために縁起が残っていないと言う事ですが、
仁寿3年(853年)に創建されたと伝えられる歴史ある神社となっています。
古くから「助崎の天王様」と呼ばれ、近隣のみならず、
常陸方面からも信仰を集めているそうです。


御祭神は、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)。



神社社頭。

      20190101須賀神社01


手水舎。

      20190101須賀神社02


狛犬は、境内には見当たらない。


こちらが、拝殿。

      20190101須賀神社03

元旦だから、宮司さんや氏子さんら関係者がいらっしゃるかと思ったら
何と無人。
ちょっぴり拍子抜け。


拝殿正面。

      20190101須賀神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190101須賀神社04


こちらは、正面左脇に掲げられた扁額。

      20190101須賀神社05



実は、こちらの須賀神社は、以前から訪れたいと思っていた場所でした。
その理由は、社殿の屋根に在ります。

      20190101須賀神社07


この神門です。

      20190101須賀神社08


鬼瓦にも同じ神門。

      20190101須賀神社09

そうです。
千葉氏の家紋である『月星紋』です。

よく見かける『月星紋』は右に三日月を配し、左に星を配していますが
(一般には「月に星」(左斜めに星を置く)と言われています。)
こちらは、「真向き月に星」と言われる『月星紋』です。

      20190101須賀神社10

一説では、千葉氏の家紋には、月星紋、九曜紋が有り
分家スジが九曜紋を用い、本家筋金入り月星紋を用いたとされ、
その月星紋も、宗家が「真向き月に星」の月星紋を用いたとされているようです。

この近くには、名古屋城と言う助崎城の支城が存りました。
(まだ未攻略だから、いつか登城しなくっちゃ!)
助崎城そのものは、千葉氏一族の助崎大須賀氏の居城でした。
でも、大須賀氏って千葉氏の宗家ではなくて、庶流なんだけどなぁ。

いずれにしても千葉氏関連の神社のようです。



別アングアからの拝殿。

      20190101須賀神社11



そして、こちらが本殿。

      20190101須賀神社12




拝殿前の天水桶。

      20190101須賀神社13


こちらは、神楽殿?

      20190101須賀神社14

中を覗くと、物が置かれていて倉庫にも見える。


一応、扁額は掲げられているんですが.........。

      20190101須賀神社15



こちらは社務所のようですが、残念ながら閉まっています。

      20190101須賀神社16



境内の記念碑。

      20190101須賀神社17



本殿裏手の一段下がった削平地に建つ祠。

      20190101須賀神社18



中には、青面金剛刻像 。

      20190101須賀神社19

おそらく、境内に点在していた物を1ヶ所にまとめたのでしょう。
神仏習合を払拭したい様な感じがします。




御神木。

      20190101須賀神社20
      20190101須賀神社21
      20190101須賀神社22


      20190101須賀神社23
      20190101須賀神社24
      20190101須賀神社25



こちらの宮司さんも千葉県神社庁のHPに登録されている方から代わられているようです。
以前、電話で御朱印の事を問い合わせた事はあるけれど
新年早々、連絡するのも何か申し訳ない。

また次の機会に、期待したしましょう。






関連記事
スポンサーサイト



2019/02/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit