FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り................山倉大神 (2019年1月1日)(千葉県香取市) 

1月1日

元旦のこの日、2019年の初詣ツアーと称して
普段、行けない神社。
行きづらい神社。
行きたいと思っていた神社。
宮司さんに会えず、御朱印を拝受し損なった神社。
諸々の神社を参拝しちゃいましょう。


と、言う事で府馬愛宕神社をあとにして、向かった先は.......................山倉大神。


山倉大神は、香取市山倉に鎮座する神社です。


弘仁2年(811年)の創建で、大六天王社の総社として、
古くから人々の信仰を集めています。
現本殿は安永7年(1778年)に建立されたものです。
江戸期までは真言宗山倉山観福寺別当でしたが、
明治の神仏分離令により大六天王を観福寺に遷座しました。
明治3年(1871年)山倉大神と改め、
高皇産霊大神、建速須佐男大神、大国主大神を祭神としたそうです。


御祭神は、高皇産霊大神、建速須佐男大神、大国主大神。


以前、神社庁のHPを見て連絡をしたことがありましたが
先代の宮司さん宅に繋がり、息子さんとお話をしたら
宮司さんが変わられて、普段はむじんの神社になっていると言うことでした。
そんな話をしていたから、本務社と言えども小さな神社だと思っていました。

実際に訪れて、それは浅はかな勘違いだと痛感いたしました。


社頭の一の鳥居。

      20190101山倉大神01



こちらは、二の鳥居。

      20190101山倉大神02



二の鳥居の脇には狛犬。

      20190101山倉大神03


      20190101山倉大神04



こちらは手水舎。

      20190101山倉大神05



参道の向いにも手水舎。

      20190101山倉大神06


境内には茅の輪。

      20190101山倉大神07



茅の輪の先には、拝殿。

      20190101山倉大神08



拝殿正面。

      20190101山倉大神09


      20190101山倉大神10


      20190101山倉大神12



掲げられた扁額。

      20190101山倉大神11


 
別アングルからの拝殿。     

      20190101山倉大神13


      20190101山倉大神14



そして、こちらが本殿。

      20190101山倉大神15


社殿脇に設けられた説明板によれば、
山倉大神の本殿は香取市の指定文化財であり、
山倉大神の祭礼は、千葉県の指定文化財となっているようです。

      20190101山倉大神16



社殿前の狛犬。

      20190101山倉大神17



境内社。

      20190101山倉大神18


      20190101山倉大神21


      20190101山倉大神22



石祠。

      20190101山倉大神19


      20190101山倉大神20


      20190101山倉大神23








こちらは、額殿。

      20190101山倉大神24



額殿と言うだけあって、多くの額が飾られています。

      20190101山倉大神25


      20190101山倉大神26



神楽殿。

      20190101山倉大神27



神輿殿。

      20190101山倉大神28



力石。

      20190101山倉大神35



境内には多くの記念碑が建ち並ぶ。

      20190101山倉大神30


      20190101山倉大神31


      20190101山倉大神32


      20190101山倉大神33


      20190101山倉大神34


      20190101山倉大神36




御神木と茅の輪と拝殿 。


      20190101山倉大神37
      20190101山倉大神38
      20190101山倉大神39



こちらが社務所。

      20190101山倉大神29


狙い通り 、この日は宮司さんもいたのですが...................

集まった氏子さん達と一杯飲んで、出来上がっている状態らしい。
でも、書き置きの御朱印が準備されていました。


そして、いただいた御朱印がこちら。

      20190101山倉大神40


たまたま、社務所に御朱印をいただきに来た地元の方と話すことが出来ました。
その方の話では、やはり正月の期間しか宮司さんに会える機会はないそうです。

やっぱり、この日に訪れて正解でした。


関連記事
スポンサーサイト



2019/02/17 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit