FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り................飯田 厳島神社 (2018年12月20日)(茨城県かすみがうら市) 

12月20日 

この日は、かすみがうら市に出かけました。

かすみがうら市に鎮座する胎安神社は12の兼務社も有し、
その12社に於いても、御朱印を拝受しているということで
胎安神社の兼務社を巡ります。

五反田 八幡神社をあとにして、向かった先は....................飯田 厳島神社。

飯田 厳島神社は、かすみがうら市飯田に鎮座する神社です。


創建年代は不詳ですが、社名の通り、安芸国厳島神社の分霊を合祀しています。
文政元年以降(1818年?)社殿を現在の地に奉遷しました。

この厳島神社には、特殊な神事が残っています。
氏子全戸が当屋(当番家屋)を年番制で引継ぎ、
祭礼当日には地区内の家族全員が当屋に集まり、寝食を共にします。
よって、各戸では台所で煮炊きをしない「鍋かけず」の行事となります。
当地区は大嘗祭に見られる「神人共食の場」と相共通し、本膳が供えられます。
お膳の内容がとてもユニークで、寺院の精進料理の様な物らしいです。


御祭神は、市杵島姫命 。



こちらが、社号標。

      20181220飯田厳島神社01



鳥居前にて。

      20181220飯田厳島神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20181220飯田厳島神社03



鳥居の左脇には、由緒書きの碑。

      20181220飯田厳島神社04



そして、鳥居左わきには厳島神社神社の沿革の碑。

      20181220飯田厳島神社05



こちらが拝殿。

      20181220飯田厳島神社06



拝殿奥には本殿。

      20181220飯田厳島神社07



びいすけ も本殿に向かって参拝。

      20181220飯田厳島神社08


本殿脇には、合祀されたモノのか?
小さな祠が並んでいました。

      20181220飯田厳島神社09



境内社の稲荷神社。

      20181220飯田厳島神社12



こちらは、愛宕神社。

      20181220飯田厳島神社11



こちらには、『級長津彦命』と刻まれています。

      20181220飯田厳島神社10



境内の高台にも祠が建っているようです。

      20181220飯田厳島神社13

でも、こうやって見上げてみると、城郭の虎口に見えてしまうのは気のせい?




逆光でよく見えない。

      20181220飯田厳島神社14



近寄ってみても、やっぱり逆光で見づらい。

      20181220飯田厳島神社15

小さな社には、『天照皇大神』と刻まれています。



別アングル(反対側)からだと、こんな感じ。

      20181220飯田厳島神社16



こちらも虎口に見えなくも無い。

      20181220飯田厳島神社17



やっぱり、虎口っぽく見えるんだけどなぁ。

      20181220飯田厳島神社18


でも、この辺りに城郭が在ったと言う情報は無い。
余胡さんのHPを見ても、城郭は無さそうです。





こちらが御朱印。

      20181220飯田厳島神社19


本務社の胎安神社にて拝受しました。





関連記事
スポンサーサイト



2019/02/08 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit