FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り................上佐谷 天ノ宮神社 (2018年12月20日)(茨城県かすみがうら市) 

12月20日 


この日は、かすみがうら市に出かけました。

かすみがうら市に鎮座する胎安神社は12の兼務社も有し、
その12社に於いても、御朱印を拝受しているということで
胎安神社の兼務社を巡ります。

二木天満神社をあとにして、向かった先は....................上佐谷 天ノ宮神社。

上佐谷 天ノ宮神社は、かすみがうら市上佐谷に鎮座する神社です。


創建年代不詳ですが、元禄16年(1703年)に本殿が再建されたとのことです。
社伝では、領主である本堂氏が、神社領地の1町歩を除税地とし、
毎年の祭事には寄進をしたとされています。
また、徳川三代将軍の家光公の参拝もあり、
葵定紋附三ツ組木椀の寄進があったそうです。

天ノ宮神社には、特殊な神事として「雨乞祭」があります。
天明年間(1781年?)の飢饉に際し、祈雨行事として、七福神が船に乗り、
その中で、弁財天が大盃にて亀に酒を呑ませている図柄を描いた色彩豊かな大慢幕があり、
作物の為に一雨欲しいと願う時に、この幕を張り祈願すれば慈雨があると伝えられ、
雨が降るまで笛・太鼓で舞い踊り、山海の供物をします。
さすれば、念ずると霊験あらわれて降雨があると信仰されています。
この神事に先立ち、総代が石岡市村上の佐志能神社「御手洗」の水を迎えて供えるそうです。


御祭神は、天照皇大神。


こちらの神社は探し当てるのにちょっと苦労をしました。
何せ、台地の畑の奥の森の中に鎮座しいているから
ちょっぴり見つけにくい。


神社社頭。

      20181220天ノ宮神社01

社号標もないし、鳥居もちょっと奥まった位置であさっての方向を向いている。



こちらは、社号標。

      20181220天ノ宮神社02

社頭に建てられているのではなく、境内の奥まった位置に建っている。



敷地内に入ると、鳥居と社殿が見えます。

      20181220天ノ宮神社03



こちらが鳥居。

      20181220天ノ宮神社04

社殿と鳥居の向きからすれば、
本来は鳥居の正面に参道があったと思うのだが
竹藪状態の林と言うか、森。


こちらが社殿。

      20181220天ノ宮神社05

思っていたよりかなり小さな社殿です。


びいすけ も参拝。

      20181220天ノ宮神社06


こちらは、境内社。

      20181220天ノ宮神社07

稲荷神社のようです。
しかし、かなり荒れ果てている感は否めない。



周囲には石祠が多く鎮座しています。

      20181220天ノ宮神社08


      20181220天ノ宮神社09


      20181220天ノ宮神社10


      20181220天ノ宮神社11


     
こちらは、社務所と言うか、氏子さんたちが集うための集会所のような施設でしょう。

      20181220天ノ宮神社12

一見、山奥の廃分校の校舎のように見えてしまうのは気のせい。(笑)



こちらが、御朱印。

      20181220天ノ宮神社13

本務社の胎安神社にて拝受いたしました。



関連記事
スポンサーサイト



2019/02/07 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit