FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

宍倉鹿島神社  (2018年11月24日)(茨城県かすみがうら市) 

11月24日

この日は、茨城県のかすみがうら市に出かけました。

太宮神社をあとにして、次なる目的地へと向かいます。

太宮神社をを出てしばらくすると、見覚えのある風景に出た。
以前、かすみがうら市には、城址巡り、廃校巡りで何度か訪れたことがある。
ちょうど、宍倉城址を通り過ぎた先で、進行方向右手に立派な神社が見えた。

思わず、急停車。
路肩に車を停めて、参拝することにしました。
立ち寄った先は....................宍倉鹿島神社。


宍倉鹿島神社は、かすみがうら市宍倉に鎮座する神社です。


かすみがうら市の旧・出島村域には鹿島神社が多く
地図で確認できるのも10社ある。
こちらの鹿島神社もその1つ。
大字で区分しても訳が分からなくなりそう。
(大字の『坂』には鹿島神社が2つ鎮座している)


平安時代の大同四年(809年)の創建と伝えられる古社で、
現在の御本殿は、江戸時代・延宝元年(一六七三)に再建したものされています。
水戸藩主との関わりが深く、御神体は徳川光圀公よって寄進されたそうです。

明治六年に村社に列し、宍倉・成井・上軽部・下軽部四ケ村の総鎮守に定められたそうです。


御祭神は、武甕槌尊。


社頭。

      20181124古渡鹿島神社01



石門のような社号標。

      20181124古渡鹿島神社02


      20181124古渡鹿島神社03



鳥居。

      20181124古渡鹿島神社04



手水鉢。

      20181124古渡鹿島神社05



参道の由緒書き。

      20181124古渡鹿島神社06



拝殿前にて。

      20181124古渡鹿島神社07



拝殿。

      20181124古渡鹿島神社08



拝殿正面。

      20181124古渡鹿島神社09



拝殿正面の扁額。

      20181124古渡鹿島神社10



別アングルからの拝殿。

      20181124古渡鹿島神社11



そして、こちらが本殿。

      20181124古渡鹿島神社12



拝殿前の狛犬。

      20181124古渡鹿島神社13


      20181124古渡鹿島神社14



拝殿前の天水桶。

      20181124古渡鹿島神社15



拝殿前には、大黒天、あるいは布袋尊のように見える小さな像。

      20181124古渡鹿島神社16



境内社。

      20181124古渡鹿島神社17


      20181124古渡鹿島神社18


      20181124古渡鹿島神社19



石祠。

      20181124古渡鹿島神社21


一際目立つ忠魂碑。

      20181124古渡鹿島神社25



使われてそうもない手水舎。

      20181124古渡鹿島神社20



拝殿と並ぶ社務所。

      20181124古渡鹿島神社22



御神木の杉は立派。

      20181124古渡鹿島神社23
      20181124古渡鹿島神社24



玉垣に掲げられていた看板の連絡先と連絡を取ってみた。

  

てっきり、古渡鹿島神社だと思っていたら違っていた。
古渡さんと言う氏子さんの代表の方が管理する予定だったけど
高齢となり、現在は石岡のとある神社の宮司さんが兼務されているらしい。
どうやら、御朱印は無さそうです。



    


関連記事
スポンサーサイト



2019/01/14 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit