FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り............日先神社 (2018年11月19日)(茨城県土浦市) 

11月19日

この日は、茨城県の土浦市に出かけました。

土浦市に向かう途中で立ち寄った、龍ケ崎市の八代富士浅間神社をあとにして、
向かった先は......................日先神社。


日先神社は、土浦市右籾に鎮座する神社です。

創建は天喜五年(1057年)とされ、源頼義・義家父子が奥州征伐の途上に
当地の西峰山高野寺に宿営した際に、父子して「鹿島・香取・息栖」の三神の霊夢を見たことから、
翌年の康平元年(1058年)、社殿を造営し丸四天権現宮と三神を鎮斎したとされています。

明治四年(1871)5月、日光神社と改称後に日先神社へと改称しています。


御祭神は     武甕槌命(たけみかづちのみこと)
         経津主神(ふつぬしのかみ)、
         衝立船戸大神(つきたつふなどのおおかみ)


御祭神がいずれも武神であることから、戦勝祈願、生還成就の願掛けにつながり、
戦時中は徴兵で戦場へ送られた男たちの代わりに女性たちが
戦勝祈願で髪を切って奉納したりしたと言われています。
戦時中の予科練と言われた旧霞ヶ浦航空隊が近くにあったからでしょうね




こちらが社号標。

      20181119日先神社01



表参道の鳥居。

      20181119日先神社02


その鳥居に掲げられた神額。

      20181119日先神社03



鳥居の脇には由緒書き。

      20181119日先神社21




参道の狛犬。

      20181119日先神社04


      20181119日先神社05



手水舎。

      20181119日先神社06



拝殿。

      20181119日先神社07



拝殿正面。

      20181119日先神社08



拝殿正面の軒下の見えにくいところに奉納されているのが木製のプロペラ。

      20181119日先神社09

こちらも、近くにあった旧霞ヶ浦航空隊の関連らしい。


年季の入った賽銭箱。

      20181119日先神社10



別アングルからの拝殿。

      20181119日先神社11



そして、こちらが本殿。

      20181119日先神社12


拝殿前の狛犬。

      20181119日先神社23


      20181119日先神社24



境内社。

      20181119日先神社13



本殿裏手の板碑。

      20181119日先神社14



こちらは拝殿左側へと続く参道。

      20181119日先神社15



その参道口の鳥居。

      20181119日先神社16



鳥居に掲げられた神額。

      20181119日先神社17



鳥居向かいのアパートの隣の敷地には御手洗池の跡。

      20181119日先神社20



境内の桜。
その背後には御神木。   

      20181119日先神社18
      20181119日先神社19




こちらが、日先神社の御朱印。
      
      20181119日先神社22


拝殿脇の社務所にて拝受しました。







関連記事
スポンサーサイト



2019/01/08 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit