FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて.................熊倉小学校鶴生分校 (2018年10月30日)(福島県西白河郡西郷村) 

10月30日

1泊2日の福島旅行。
その2日目は、西郷村巡りです。

西郷村の廃校巡り、その第3弾は...............西郷村立熊倉小学校鶴生分校。


鶴生分校は、

明治14年    鶴生村に真船小学校鶴生分教場が設立される。
明治15年    中等科真船小学校鶴生分教場と改称する。
明治16年    真船小学校から独立して鶴生小学校と改称する。
明治20年    鶴生簡易小学校改称する。
明治22年    米村、長坂村、柏野村、羽太村、熊倉村、鶴生村、真船村、
         小田倉村が合併して西郷村が誕生する。
         合併を機に、熊倉に西郷尋常簡易小学校を設立。
         西郷尋常簡易小学校鶴生分教場となる。
明治26年    西郷尋常小学校鶴生分教場と改称する。
明治34年    西郷第一尋常小学校鶴生分教場と改称する。
昭和22年    学制改革により西郷村立熊倉小学校鶴生分校と改称する。
昭和37年    本校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。


こちらも事前に大字の『鶴生』を頼りに、鶴生地区の公民館等の施設を
Google MAPで調べ上げ、あたりを付けていましたが
役場の人の説明で確信。見事に的中(?)です。


鶴生分校の正門前。

      20181030鶴生分校01


門柱は残っているけれど、表札は外されている。

      20181030鶴生分校02


      20181030鶴生分校03



こちらも、昭和37年はいこうと、すでに57年の月日が流れている。
当然、校舎は既に解体され、新しい施設の建物がたてられている。

      20181030鶴生分校04



その建物の前に嬉しい物が....................

      20181030鶴生分校05

二宮像と学校跡碑です。



こちらが、二宮像。

      20181030鶴生分校06


      20181030鶴生分校07



こちらが、学校跡碑。

      20181030鶴生分校08

確かに、一時期独立していて、鶴生小学校ではあったが
その歴史の多くは鶴生分校だったはず。
鶴生小学校するのは、地元のこだわりなんだろうか?


裏面には、沿革も刻まれているが、かなり風化している。

      20181030鶴生分校09




敷地内に残る遊具。

      20181030鶴生分校10


      20181030鶴生分校11


その遊具で遊ぶ、遥か昔は小学生だった もっちゃん 。

      20181030鶴生分校12



明治新政府になって、教育令により急遽、各村単位で学校が開設されました。
その多くは、神社やお寺の境内や建物を仮校舎にして開設されてきました。

こちらの分校も敷地内に神社があるということは
神社の敷地に学校が出来たのだろうか?

      20181030鶴生分校13


      20181030鶴生分校14



敷地の片隅には桜の木。
きっと分校時代からこの場所にあるのでしょう。

      20181030鶴生分校15


廃校から57年。
当時と変わらず、桜の季節には見事な花を咲かせているのでしょう。




関連記事
スポンサーサイト



2018/12/26 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit