FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り..................宇賀神堂・飯盛山 (2018年10月29日)(福島県会津若松市) 

10月29日


1泊2日の福島旅行。
その初日は、会津若松市です。


をあとにして、向かった先は............飯盛山。


飯盛山は、御飯を盛ったような形なので、この名前が付けられたと言われています。

幕末の戊辰戦争に際に、新政府軍と旧幕府方の会津藩の間で発生した会津戦争に際して、
会津藩では藩士子弟の少年たちで構成される白虎隊と呼ばれる部隊が結成され抗戦するが、
そのうち士中二番隊が戸ノ口原の戦いにおいて敗走し撤退する際に飯盛山に逃れ、
鶴ヶ城周辺の武家屋敷等が燃えているのを落城と錯覚し、
もはや帰るところもないと自刃した地として知れ渡っています。

年間200万人の観光客が訪れる(本当かな?)会津を代表する観光地です。
まぁ、かく言う私もこの地に来るのは2回目ですが..................
でも、20年以上前のことだから、ほとんど記憶が抜けています(笑)。




飯盛山入口。

      20181029宇賀神堂  飯盛山01


こちらが、表参道口になるのか?
正面口と言った方が良いのか?
両脇に売店が並び、客の呼び込みも凄まじい。



この石段を登った先に、白虎隊19志士の墓があります。

      20181029宇賀神堂  飯盛山02

階段が苦手な人のために、有料のエスカレーターも完備されています。
まるで江ノ島みたい。
     

石段の途中にある白虎隊博物館。
その入口には白虎隊志士と戯れる愛犬の像。

      20181029宇賀神堂  飯盛山03



ちょっぴり真似してみます。

      20181029宇賀神堂  飯盛山04





さぁ、頑張って上りましょう。

      20181029宇賀神堂  飯盛山05





ちょっぴり息が切れてきましたが、何とか頂部に到着。

      20181029宇賀神堂  飯盛山06



白虎隊墳墓の沿革が記された説明板。

      20181029宇賀神堂  飯盛山07


その近くには、何故か狛犬?

      20181029宇賀神堂  飯盛山08


      20181029宇賀神堂  飯盛山09



こちらが、白虎隊19志士の墓。

      20181029宇賀神堂  飯盛山10


     20181029宇賀神堂  飯盛山11


      20181029宇賀神堂  飯盛山12


      20181029宇賀神堂  飯盛山13




白虎隊の墓から100mほど離れた場所には、自刃の地。

      20181029宇賀神堂  飯盛山14


なにやら、何処かを眺める少年の像がある。

      20181029宇賀神堂  飯盛山15




白虎隊は、ここ飯盛山から会津城下を見て、
武家屋敷等が燃えているのを落城と錯覚し、
もはや帰るところはないと死を決意したそうです。

      20181029宇賀神堂  飯盛山16



270mmの望遠レンズをフル活用。

      20181029宇賀神堂  飯盛山18



画面真ん中の白いポールの先に鶴ヶ城。

      20181029宇賀神堂  飯盛山17

確かに、この場所からだと、城下の炎を城が燃えてると感違いしてしまうのかもしれない。   


何とも複雑な気持ちのまま、飯盛山を下山します。
帰りは、宇賀神堂経由で下っていきます。


こちらが、宇賀神堂。

      20181029宇賀神堂  飯盛山20

宇賀神堂の創建は江戸時代初期の寛文年間(1661〜1672)に、
会津藩三代藩主・松平正容が宇賀神を勧請し、
弁財天像を神像として社殿を建立した事に始まるそうです。

因みに、宇賀神とは弁財天と同神と言われる神で、
穀物・食物を司り五穀豊穣に御利益があるとされています。


社殿の扁額。

      20181029宇賀神堂  飯盛山21



社殿正面。

      20181029宇賀神堂  飯盛山22



別アングルからの社殿。

      20181029宇賀神堂  飯盛山23


      20181029宇賀神堂  飯盛山24



宇賀神堂の説明板。

      20181029宇賀神堂  飯盛山26



明治23年(1890年)、白虎隊士の墓を改修した時に、
飯盛山で自刃した19人の霊像を安置したそうです。

      20181029宇賀神堂  飯盛山25


      20181029宇賀神堂  飯盛山27



社殿内部に掲げられた、自刃の絵。

      20181029宇賀神堂  飯盛山28



境内社。

      20181029宇賀神堂  飯盛山31



社務所はありません。
その代わりに売店があって、授与所を代行しています。
御朱印はこちらで拝受できます。

      20181029宇賀神堂  飯盛山29

宇賀神堂と言う名称だから、神社のか? お寺なのか?
売店の方に訊いてみたら、きっぱりと『神社です!』と言われました。


こちらが、その御朱印。

      20181029宇賀神堂  飯盛山30

と言っても、ほとんどがスタンプ。
まあ、社寺仏閣によっても、スタンプ対応の所もあるから気にしません。




宇賀神堂の向いには、物栄螺堂(さざえどう)。(旧正宗寺三匝堂)

      20181029宇賀神堂  飯盛山31

木造建築物で、上りと下りで同じ道を通らず抜けられるという仕組みで、
国の重要文化財に指定されています。
ただ、拝観料400円は高い。 びいすけ も入れないし。
当然、スルーです。



さざえ堂から下っていくと、その先には厳島神社。

      20181029宇賀神堂  飯盛山32


      20181029宇賀神堂  飯盛山33


      20181029宇賀神堂  飯盛山34


参道には弁財天の碑。

      20181029宇賀神堂  飯盛山35



どうやら、厳島神社経由でさざえ堂、宇賀神堂、
白虎隊の墳墓とお詣りするのが正規の参道のようです。

      20181029宇賀神堂  飯盛山36



表参道と言うか、お土産屋の並んだ正面口にあるエスカレータ乗り場。
その券売所でも、御朱印を拝受できます。

こちらが、その御朱印。

      20181029宇賀神堂  飯盛山37

時間帯によっては(お昼休み等)、書き手の方が居なくなるので
書き置き対応になります。
今回はその時間帯を外して、墨書きしてもらいました。


白虎隊19士の墓に近い売店でも、
白虎隊の末裔の方が書かれている御朱印があるそうですが、
1500円と言う初穂料の割には書き置き対応のみですが、
その方がご高齢であることから、枚数も限られていて、
全て出払ってしまって拝受できませんでした。

また、後から知ったのですが七日町駅近くの観光案内所でも
白虎隊の御朱印が拝受できるそうです。

いずれも、次回に期待かな..................?


関連記事
スポンサーサイト



2018/12/22 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit