FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

戸ノ口原古戦場跡 (2018年10月29日)(福島県会津若松市) 

10月29日

1泊2日の福島旅行。
その初日は会津若松市。

強清水の湧水をあとにして、向かった先は...................戸ノ口原古戦場跡



福島県の会津若松市を語る上で、避けて通れないのは戊辰戦争。

戊辰戦争とは、王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩・土佐藩らを中核とした新政府軍と、
旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦った日本の内戦です。
慶応4年(明治元年)の干支が戊辰であることに由来します。

慶応4年、京都の南郊外の鳥羽および伏見において、
薩摩藩・長州藩によって構成された新政府軍と
旧幕府軍は戦闘状態となり、ここに鳥羽・伏見の戦いが開始されました。
両軍の兵力は、新政府軍が約5,000人、旧幕府軍が約15,000人と言われていました。
総兵力で旧幕府軍が上回っていましたが、緒戦の混乱および指揮戦略の不備などにより、
旧幕府軍は苦戦し、京坂地域から敗北撤退し大坂に戻りました。
さらには、大将である徳川慶喜は自軍を捨てて大坂城から少数の側近を連れ、
海路で江戸へ退却してしまいました。

こうして、新政府に反抗した旧幕府軍は朝敵となってしまいます。
特に京都守護職および京都所司代として京都の治安を担当していた会津藩藩主・松平容保
および桑名藩藩主・松平定敬の兄弟は、京都見廻組および新撰組を用いて尊王攘夷派の弾圧を行い、
尊王攘夷派・のちの新政府(薩摩藩・長州藩)から恨みを買っていました。
また鳥羽・伏見の戦いにおいて会津藩と桑名藩は旧幕府軍の主力となり、
この敗北によって朝敵と認定されてしまいました。

江戸城は無血開城したものの、新政府軍は旧幕府軍を討伐するために上野の寛永寺で戦い、
宇都宮、白河と戦いの場を移動しながら会津城(鶴ヶ城)へとその陣を進めます。

二本松城を攻め、猪苗代城を陥落させた新政府軍は、
怒涛の勢いで十六橋に殺到します。
この橋は、戦略上非常に重要なポイントになっており、
ここを抜かれれば会津若松の城下は無防備な状態となります。
旧幕府軍は急いで橋の破壊を開始しましたが、
石橋だった為に容易には破壊出来ませんでした。
目前まで攻め込んだ敵に、短時間で橋を奪われてしまいまました。

その頃、藩境の母成口が破られたという知らせを受け、
予備軍だった白虎隊も集合を命じられていました。
藩主・松平容保のお供として滝沢村へ行く途中で、
戸ノ口原方面から応援を求められ、白虎隊は戸ノ口原に向かうことになりました。

白虎隊も加えた旧幕府軍は、進入してきた新政府軍と激戦を繰り広げました。
しかし、新政府軍が次々と戦力を増強する中、多くの兵が死傷した旧幕府軍は次々と退却します。
白虎隊も、身も心も疲れ果てた状態で、ちりぢりになりながら、
ただ一つの希望・鶴ヶ城を目指します。

このとき本体とはぐれた白虎士中二番隊の20名が、
戸ノ口堰洞穴を抜けて飯盛山に辿り着き、
城下を見下ろして鶴ヶ城が落ちたと錯覚します。
そして飯盛山で集団自刃に...................

戸ノ口原の戦いは白虎士中二番隊の最後の戦いであり、
戸ノ口原は最後の戦場でありました。



と世に語り継がれる白虎隊の悲しい物語ですが
白虎隊の最後の戦いの場であったのが、戸ノ口原です。

      20181029戸の口古戦場跡01


      20181029戸の口古戦場跡02


      20181029戸の口古戦場跡03


      20181029戸の口古戦場跡04



幾多の血がこの場所で流されたのだろう。

      20181029戸の口古戦場跡05



白虎隊奮戦の地 と言う碑文が何となくもの悲しい。

      20181029戸の口古戦場跡06

16歳から17歳の武家の男子によって構成された白虎隊。
年端もいかない子供達が刀を持って戦った。

動乱の時代とは言え、大きな歴史の渦に巻き込まれた会津の悲劇。



霧にけむる古戦場跡。

      20181029戸の口古戦場跡07


      20181029戸の口古戦場跡08

何とも言えない幻想的な雰囲気です。



近くには、戊辰戦争の戦死者の墓群が点在しています。

      20181029戸の口古戦場跡09


      20181029戸の口古戦場跡10


霧は晴れる気配はない。

      20181029戸の口古戦場跡12


      20181029戸の口古戦場跡13




往時からほとんど変わっていないと言われている旧・越後街道。

      20181029戸の口古戦場跡11


この道を新政府軍は進軍し、白虎隊は撤退した。

  
それから140年以上の時を過ぎ、
自動車と言う鉄の馬に乗って、私たちはこの道を進んで行く..........................。



 

関連記事
スポンサーサイト



2018/12/18 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit