FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り.................田越浅間神社 (2018年10月19日)(千葉県山武市) 

10月19日 田越浅間神社

この日は銚子市に出かけました。

でも、ただ銚子に行って帰って来るだけじゃつまらないから
色々と寄り道をしちゃいましょう。


ということで、先ずは山武市で道草。
立ち寄ったのは.........................田越浅間神社。


田越浅間神社は、山武市松尾町に鎮座する神社です。


創建時期等、詳細は不詳ながら、子育ての神様として
古くから近在はもとより上総下総の住民がお参りしてきたそうです。
この地方では、元気に育っている赤ちゃんの「初山詣」を報告する習慣があり
田越浅間神社の参拝記念に団扇をもとめて、親戚や近隣に配る習わしがあるそうです。

御祭神は、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)。



こちらが、社頭。

      20181019浅間神社01



鳥居。

      20181019浅間神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20181019浅間神社03


石をくり抜いて作られた手水舎。

      20181019浅間神社04


鳥居脇には、注連縄の巻かれた御神木。

      20181019浅間神社05


かなりの幹の太さ。

      20181019浅間神社06

それ相応の年月を生き抜いてきた木のようです。



浅間神社というだけあって、約200段の石段が続きます。

      20181019浅間神社07


      20181019浅間神社08


      20181019浅間神社09


      20181019浅間神社10



息を切らしながら、石段上りきると、そこには拝殿。

      20181019浅間神社11


拝殿正面。

      20181019浅間神社12



正面からだと解りずらいけれど、非常に近代的な拝殿。

別アングルからの拝殿。

      20181019浅間神社13


      20181019浅間神社14


拝殿の脇には石祠が建ち並びます。

      20181019浅間神社15


      20181019浅間神社24



古びた手水鉢に石灯籠。

      20181019浅間神社16


          
台地頂部の境内には巨木も多い。
         

           20181019浅間神社17
      20181019浅間神社18


      20181019浅間神社19
      20181019浅間神社20
      20181019浅間神社21


      20181019浅間神社22
      20181019浅間神社23


      
小高い台地の頂部に鎮座している浅間神社。
おそらく、富士山も眺める事が出来る場所ではないかと思うけれど
あいにく、この日は曇り空。

      20181019浅間神社25



富士山は見えずとも、眺望には長けている。

      20181019浅間神社26



社頭の鳥居近くの石碑。

      20181019浅間神社27



参道口には、山武市教育委員会の説明板。

      20181019浅間神社28

庚申塔について触れています。


そして、こちらがその庚申塔。

      20181019浅間神社29

享保元年(1716年)に造立されたもので、総高246cm。
二段の基礎の上に立つ塔身の正面には六臂の青面金剛像。
田越の村人たちの、経済的な負担に堪えた根強い庚申信仰の現れだそうです。

神仏習合の影が強いですね。




こちらが、田越浅間神社の御朱印。

      20181019浅間神社30

書き置きですが、無理を言って書いていただきました。
数km離れた宮司さん宅にて拝受いたしました。



関連記事
スポンサーサイト



2018/12/09 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit