FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.................秋葉神社 (2018年10月18日)(東京都台東区) 

10月18日

この日は、都内の神社の御朱印散歩。
今回は鶯谷から下谷、千束、浅草と台東区を巡ります。


浅草神社をあとにして、向かった先は...............秋葉神社。


秋葉神社は、台東区松が谷に鎮座する神社です。


江戸時代、江戸の街は度々大火災が発生した事から、
神仏混淆の秋葉大権現(秋葉山)が火防(ひぶせ)の神として
広く信仰を集めていました。

明治2年(1869年)にも東京は大火を受け、
明治3年(1870年)明治天皇の勅命により、
JR秋葉原駅構内の地に、火の神火産霊大神、水の神水波能売神、
土の神埴山毘売神の三柱を祀神として勧請したのが秋葉神社の始まりで、
当初は鎮火社と称していました。


御祭神は、火産霊大神、水波能売神、埴山毘売神。


こちらが、表参道口。

      20181018秋葉神社01


鳥居に掲げられた神額。

      20181018秋葉神社02

こちらが本来の表参道ですが、
大通りに面した参道が現在ではメインのようです。



由緒書き。

      20181018秋葉神社03


手水舎。

      20181018秋葉神社04



こちらが、拝殿。

      20181018秋葉神社05

表参道は、拝殿の正面ではなく画面向かって右側。
もう一つの参道は左側になります。


拝殿正面。

      20181018秋葉神社06


      20181018秋葉神社07


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20181018秋葉神社08


別アングルからの拝殿。

      20181018秋葉神社09


      20181018秋葉神社10


拝殿前の狛犬。

      20181018秋葉神社11


      20181018秋葉神社12


拝殿に飾られた提灯。

      20181018秋葉神社13


拝殿には、こんな貼り紙が...............

      20181018秋葉神社17

秋葉原の名のルーツがここにあったんですね。



境内には、御遷座130年の記念碑。

      20181018秋葉神社22



こちらは神輿庫。

      20181018秋葉神社23





もう一つの参道口。

      20181018秋葉神社15




こちらには、社号標もあります。

      20181018秋葉神社14


表参道と同じ由緒書き。      

      20181018秋葉神社16


     
こちらが社務所。

      20181018秋葉神社18


その一角が授与所となっていて、御朱印が拝受できます。

この日は、書き手の宮司さんが不在のため
書き置きの対応となります。

      20181018秋葉神社19



こちらが秋葉神社の御朱印。(通常版)

      20181018秋葉神社20


こちらが 御遷座130年記念版。

      20181018秋葉神社21


秋葉原の由来、ここに在り。
もし、秋葉神社がなかったら、
AKB48は何と呼ばれていたのだろうか.........?(笑)




関連記事
スポンサーサイト



2018/12/07 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit