FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り................. 三島神社 (2018年10月18日)(東京都台東区) 

10月18日

この日は、都内の御朱印散歩。
今回は台東区を攻めます。

そして、この日のコースは鶯谷から千束、浅草と巡って上野に戻ると言うルート。

下谷の小野照崎神社をあとにして、向かった先は…………三島神社。


と、言いつつもこの辺りは根岸の里。
18歳の時、家出同然で実家を飛び出し、
20歳まで2年間この辺りに住んでいました。

金杉通りや根岸の柳通りは、もう懐かしさのオンパレード。
でも、周りの雰囲気は結構変わっていたんだよなぁ。
当時住んでいた4畳半風呂なし、共同トイレのアパートが現存していたのには
正直、驚きと感激でした。

根岸4丁目の感動を胸に辿り着いた三島神社。


三島神社は、台東区下谷に鎮座する神社です。


元三島神社の際にも触れましたが……………………


弘安4年(1281年)の元寇において、伊予水軍を率いた勇将・河野対馬守越智通有は、
伊予国一宮大山祇神社に必勝祈願を行ったのち出陣しました。
そして、大きな戦功を挙げ帰陣しました。
その折、夢で大山祇命の神託を受けて、
武蔵国豊島郡上野山内に分霊を勧請・奉斎したのが始まりとされています。

慶安3年(1650年)、上野山が寛永寺の寺地になった際に
山内よりの社地移転を命ぜられ、金杉村に遷座しました。
(これが、現在の三島神社となっています。)

また、宝永6年(1709年)、金杉村の社地が幕府用地とされたため、
代替地として浅草小揚町に再遷座しました。
(これが、現在の本社三島神社となっています。)

氏神が遠方になってしまい支障をきたした根岸村と金杉村の氏子が協議し、
根岸にあった熊野神社を合祀して、元三島神社が創建されたました。
さらにその後、金杉村にも三島神社が勧請されました。

遷座したはずの神社が再び勧誘される。
きっと複雑な大人の事情ってヤツが存在したんでしょうね。


御祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)(おおやまづみのみこと)。



こちらが、三島神社の社号標。

      20181018三島神社01



鳥居。

      20181018三島神社02


手水舎。

      20181018三島神社03



狛犬。

      20181018三島神社04


      20181018三島神社05



拝殿。

      20181018三島神社06

何となく、小振りに見えてしまうのは気のせい?



拝殿正面。

      20181018三島神社07


      20181018三島神社08


      20181018三島神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20181018三島神社10



別アングルからの拝殿。

      20181018三島神社11


      20181018三島神社12



そして、こちらが本殿。

      20181018三島神社13


拝殿前の天水桶。

      20181018三島神社14



境内社・火除稲荷社。

      20181018三島神社15


      20181018三島神社16



こちらは、雷井戸。

      20181018三島神社17

雷を封じ込めたから、雷が落ちなくなったという伝説があり、
そして「落ちない」と言うご利益で有名らしい。

遠い昔に、近くに住んでいたけれど、知らなかったぁ(笑)



三島様の石橋。

      20181018三島神社18

かつては、この場所に川が在ったそうです。



神輿庫。

      20181018三島神社19



こちらが、社務所。

      20181018三島神社20

御朱印は、こちらで授与出来ます。


御朱印は、境内社を含め通常版は2種類。

      20181018三島神社22

期間限定の御朱印もあるようです。

境内社も含め通常版をお願いしました。
御朱印を待つ間、特製の飴を3種類戴きました。

      20181018三島神社21


      
こちらが、三島神社の御朱印。

      20181018三島神社23


境内社の日除稲荷社の御朱印。

      20181018三島神社24


ダイナミックな書体ですが、女性の宮司さんの墨書き。
とても気さくな宮司さんでした。



関連記事
スポンサーサイト



2018/12/03 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit