FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............相原八幡宮 (2018年10月7日)(神奈川県相模原市) 

10月7日

この日は、東京都下の町田市に予定があり
町田市へ向かいますが、ちょっとだけその前に...............

町田市のお隣になる神奈川県相模原市の御朱印巡りとなりました。

橋本神明をあとにして、向かった先は...............相原八幡宮


相原八幡宮は、相模原市緑区相原に鎮座する神社です。


創建年代は不詳ですが、平安時代中期(約1000年前)に武蔵国国司・小野孝泰が下向の折、
岩清水八幡宮を勧請したと伝えられ、その子孫が粟飯原(相原)氏となったとされています。
江戸期には相原村・橋本村の鎮守だったとされ、
明治維新後は、外ノ御前社、日枝神社の2社を合祀され、
相原稲荷神社を遷座したとされています。
明治初年の地租改正に際して、当地が「相原1番地」と定められたことから
相原起番地之碑が境内に残されています。



御祭神は、誉田別尊、牛頭天王。



こちらが、相原八幡宮の看板。

       20181007相原八幡宮01



鳥居前にて。

       20181007相原八幡宮02


鳥居に掲げられた神額。

       20181007相原八幡宮03


参道口に掲げられた由緒書き。

      20181007相原八幡宮04


鳥居脇には相原起番地の碑。

      20181007相原八幡宮05


      20181007相原八幡宮06

明治初年の地租改正と地積簿編成に当って、
この境内が「相原1番地」と定められたそうです。



参道。

      20181007相原八幡宮07


少しづつですが、木々も色づき始めて
秋の到来を感じさせてくれます。

      20181007相原八幡宮08
      20181007相原八幡宮09



手水舎かと思ったら、違っていた。

      20181007相原八幡宮10

古い石灯籠の転倒防止の柵に屋根が架かっていました。


境内中央には、見事な御神木。

      20181007相原八幡宮11
      20181007相原八幡宮12


こちらが手水舎。

      20181007相原八幡宮13



こちらは拝殿。

      20181007相原八幡宮14


拝殿正面。

      20181007相原八幡宮15


正面の扁額。

      20181007相原八幡宮16


別アングルからの拝殿。

      20181007相原八幡宮17


      20181007相原八幡宮18



こちらは、境内社・相原稲荷神社。

      20181007相原八幡宮19


      20181007相原八幡宮20



神使いの狐。

      20181007相原八幡宮21


      20181007相原八幡宮22

この狐について、狛狐と表現する人もいるし、
狐の姿をしているけれど狛犬と称する人もいるし、
どれが正しいのか? 正直、分からなくなっています。


それにしても、相原八幡宮の狛犬がいない!
狛犬は何処?



神楽殿。

      20181007相原八幡宮24



神輿庫。

      20181007相原八幡宮23


      20181007相原八幡宮25



そして、こちらが相原八幡宮の御朱印。

      20181007相原八幡宮26


本務社である、亀ヶ池八幡宮の社務所にて拝受いたしました。








関連記事
スポンサーサイト



2018/11/10 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit