FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............登渡神社 (2018年10月1日)(千葉県千葉市) 

10月1日 

この日は、千葉市内の神社の御朱印巡り。
厳島神社 港町弁財天 をあとにして、向かった先は................登渡神社。


登渡神社は、千葉市中央区登戸に鎮座する神社です。


千葉氏の末裔である、登戸権介平定胤が祖先を供養するため、
地区の最高点である遠望台(標高約15m)に千葉妙見宮(現在の千葉神社)の末寺を
正保元年(1644年)に勧請し、千葉氏の門族の出身であった僧定弁を守護の任にあてた
白蛇山真光院定胤寺を起縁とする神社です。

慶応3年(1867年)に登渡神社と改め、
祭神を妙見菩薩と同一視される天御中主神以下の造化三神に定めたそうです。


御祭神は、天御中主命、高皇産霊命、神皇産霊命。



こちらが、社号標。

      20181001登渡神社01

      

鳥居。

      20181001登渡神社02


鳥居に掲げられた神額。

      20181001登渡神社03


鳥居の脇には由緒書き。

      20181001登渡神社04



参道の手水舎。

      20181001登渡神社05


定番の龍の吐出口。

      20181001登渡神社09



こちらが、拝殿。

      20181001登渡神社07


      20181001登渡神社08



拝殿前の狛犬。

      20181001登渡神社09


      20181001登渡神社10



拝殿正面。

      20181001登渡神社11



拝殿に掲げられた扁額。

      20181001登渡神社13



さりげなく見える九曜紋。

      20181001登渡神社12



屋根瓦にも九曜紋。

      20181001登渡神社14



境内社の浅間神社。

      20181001登渡神社15


同じく境内社の水神社。

      20181001登渡神社16


こちらも境内社・稲荷神社。

      20181001登渡神社17


こちらは、御神水。

      20181001登渡神社18


そして、御神木。

      20181001登渡神社22
      20181001登渡神社23
      20181001登渡神社24



こちらは、神輿庫。

      
20181001登渡神社19


こちらにも九曜紋。

      20181001登渡神社20



石灯籠の台座には亀の彫刻。

      20181001登渡神社21

妙見さまの使いの亀?


こちらは、神楽殿。

      20181001登渡神社25


本殿脇のこの一画には神仏習合の名残りが色濃い。
地蔵堂。

      20181001登渡神社26



その近くには、青面金剛刻像らが立ち並ぶ。

      20181001登渡神社27



こちらご、社務所兼授与所。

      20181001登渡神社28

御朱印は、こちらで拝受出来ます。


こちらが、登渡神社の御朱印。

      20181001登渡神社29

私のお願いの仕方が悪かったのか?
はたまた、人の話をしっかり聞かない神職なのか?
なぜか、御朱印が天地が逆でした。
前のページを確認すれば、天地の方向も判ると思うんだけど.........

『あの〜、御朱印が天地逆になってるんですけど.........』と
言ってみたら、「あっ、そう?」の一言。
悪いとも思っていないみたいで、正直、ムッとした。

 
九曜紋も在って、千葉氏所縁の神社ではありますが
この時点で、『絶対に二度と行かない神社』の1社に決定いたしました。


    
関連記事
スポンサーサイト



2018/11/07 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit