FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............六手八幡神社 (2018年9月23日)(千葉県君津市) 

9月23日

房総半島に出かけたこの日。
富津市から君津市へと移動し、御朱印巡りの神社巡りは続きます?

久留里神社をあとにして、向かった先は...............六手八幡神社。


六手(むて)八幡神社は、君津市六手に鎮座する神社です。


社伝によれば、古くは鶴舞八幡宮と称して、
鎌倉期に鶴岡 八幡宮から分社したものと伝えられています。

御祭神は、誉田別命。


以前、千葉県神社庁のHPに載っていた富津市の金谷神社の連絡先に電話をしたら
こちらの宮司さん宅に繋がり、金谷神社の本務社である、こちらの神社の存在を知りました。
その時の電話の応対も丁寧で、『近い内に参拝にお邪魔します。』
そんな事を言っておきながら、3ヶ月近い月日が経ってしまったようです。

『何もない田舎の神社だよ』と言われていましたが
ナビを使っても道に迷いました(笑)。

この看板を見た時に、ホッとひと安心。

      20180923六手八幡神社31


こちらが、社号標。

      20180923六手八幡神社01


鳥居。

      20180923六手八幡神社02


鳥居に掲げられた神額。

      20180923六手八幡神社03



この神社で例祭の際に奉納される神楽ばやしは
君津市の指定無形文化財に登録されているようです。

      20180923六手八幡神社04



こちらは、句碑。

      20180923六手八幡神社05


「ほととぎす 消行かたや 嶋ひとつ」
松尾芭蕉の句のようです。

      20180923六手八幡神社06



こちらも社号標。

      20180923六手八幡神社07



社殿へと続く参道。

      20180923六手八幡神社08


参道の二の鳥居。

      20180923六手八幡神社10



手水舎。

      20180923六手八幡神社10


定番の龍の吐出口。

      20180923六手八幡神社12



こちらが、拝殿。

      20180923六手八幡神社13


拝殿前の狛犬。

      20180923六手八幡神社14


       20180923六手八幡神社15




拝殿正面。

      20180923六手八幡神社16



拝殿正面の扁額。

      20180923六手八幡神社17


別アングルからの拝殿。

      20180923六手八幡神社18


      20180923六手八幡神社19


そして、本殿。

      20180923六手八幡神社20



拝殿正面の向かって左側に鎮座する天神社。

      20180923六手八幡神社21


こちらは、境内社。

      20180923六手八幡神社22


境内社・裳神。

      20180923六手八幡神社23


      20180923六手八幡神社24


境内社・金比羅宮。

      20180923六手八幡神社25


こちらは、御神木。

      20180923六手八幡神社26
      20180923六手八幡神社27


神仏集合の名残り。
青面金剛刻像。

      20180923六手八幡神社32



こちらは、授与所。

      20180923六手八幡神社28


参集殿。

      20180923六手八幡神社29


社務所は、宮司さんの自宅になっているようです。
(自宅の一部を社務所として用いているようです。)
社務所に声を掛けて御朱印をお願いしたら
わざわざ、拝殿にて墨書きしていただきました。

      20180923六手八幡神社30


      
こちらが、六手八幡神社の御朱印。

      20180923六手八幡神社33

敢えて、朱印に鶴舞と古い社号を使うあたりに
六手八幡神社としての拘りを垣間見たような気がします。




関連記事
スポンサーサイト



2018/11/04 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit