FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

関東の富士見百景 《 房総半島(富津市)からの富士 》 (2018年9月23日)(千葉県富津市) 

9月23日

この日は、房総半島の富津市へ出かけました。

個人的に富士山は好きで、
富士山の景勝地はなぜかテンションが上がります。

富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、
周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、
美しい地域づくりの推進を目的として
平成17年に、国土交通省関東地方整備局が主催して選定したのが、
『関東の富士見百景』です。
百景と言いながらも、富士山への良好な眺望が得られる128景233地点となります。

その『関東の富士見百景』の一つか、富津市にもあります。


房総半島にニョイと突き出た富津岬。
その富津岬の先端が『関東の富士見百景』になります。


その富津岬の先端には、近代的(?)な構造の展望台が建っています。
その名もズバリ、『富津岬展望台』。

      20180923富津岬01



展望台前には案内看板。

      20180923富津岬02


この看板にも、『関東の富士見百景』に触れている。

      20180923富津岬03


そして、別な説明板。

      20180923富津岬04

こちらは、大平洋戦争の遺構になる『東京湾海堡』について触れています。



あらため、展望台前にて。

      20180923富津岬05


      20180923富津岬06


あいにくの曇り空で富士山は期待出来ないけれど、
展望台に上がってみましょう。

      20180923富津岬07


意外に風が強い。

      20180923富津岬08

びいすけ の耳も風にたなびいてます。


展望台頂部まで、あと少し。

      20180923富津岬09


頂部に到着。

      20180923富津岬11

残念ながら、完璧すぎる曇り空。
富士山は全く見えません。


展望台の手摺りには、例のプレート。

      20180923富津岬10

やっぱり、コレがなくっちゃ!!


      
おそらく、この方向に富士山が見えるはずなんだと思うだけど.........

      20180923富津岬12

厚い雲で影も形も確認できません。


東京湾の対岸。

      20180923富津岬13

横浜あたりでしょうか?



こちらが、東京湾第1海堡。

      20180923富津岬14

明治時代に富国強兵を目ざして建設された人工島。



こちらは、東京湾第2海堡。

      20180923富津岬15

太平洋戦争では、共に東京湾防備の要とされた海上砲台です。


そして、こちらは富津市側(背後側)。

      20180923富津岬16

そびえ立つ、東京湾観音。


東京湾観音は富士山を眺めながら
末長い日本の平和を願っているのだろうか.........?


しかし、この日も富士山を眺めることが出来ず、
富士山との相性の悪さを改めて思い知らされました............。




関連記事
スポンサーサイト



2018/10/28 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit