FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............乃木神社 (2018年8月22日)(栃木県那須塩原市) 

8月22日

8月22日、23日と1泊2日で栃木県の那須に出かけました。

道の駅 那須野が原博物館をあとにして、向かった先は...............乃木神社。


乃木神社は、那須塩原市石林に鎮座する神社です。


大正5年に創建。

陸軍の乃木将軍は、静子夫人の叔父にあたる旧・薩摩藩士吉田清皎から
この地を譲り受け、別荘とし休暇の際はこちらで過ごし、
地元の方と交流を深めていらしたそうです。

明治45年(1912)7月30日に明治天皇が崩御されると、
大正元年9月13日御大喪の朝に乃木将軍と静子夫人は先帝に殉じて地刃を遂げてしまいます。
この訃報に国民は深く悲しみ、多くの民衆が葬儀に参列しました。
そして、地元石林の住人を中心に神社創立の声が湧き上がり、
大正5年に別邸跡地に乃木神社が創建されました。

東京の港区にも乃木神社はありますが、
そちらは、旧・邸宅の隣接地。
創建は大正12年だから、那須の乃木神社のほうが先に出来たことになります。


御祭神は、乃木希典将軍、乃木静子夫人。




乃木神社の社号標。

      20180822乃木神社01


一の鳥居。

      20180822乃木神社02


鳥居脇には由緒書き。

      20180822乃木神社03


参道の狛犬。

      20180822乃木神社04


      20180822乃木神社05


手水舎。

      20180822乃木神社07



二の鳥居。

      20180822乃木神社08


二の鳥居の前には乃木神社の提灯。

      20180822乃木神社09


拝殿前の狛犬。

      20180822乃木神社10


      20180822乃木神社11



そして、こちらが拝殿。

      20180822乃木神社12


別アングルからの拝殿。

      20180822乃木神社13


      20180822乃木神社14



境内の真ん中には乃木将軍の像。

      20180822乃木神社15


      20180822乃木神社16


そして、愛馬『殿号』。

      20180822乃木神社17



その隣には石祠。

      20180822乃木神社18


こちらは、宝物館。

      20180822乃木神社19

有料の施設。
犬連れは入れません。


境内に建つ標柱。

      20180822乃木神社20

『乃木別邸』として、栃木県の史跡に指定されているようです。



また、乃木神社内を流れる用水路は、『蟇沼用水』と言い
こちらは、那須塩原市の史跡に指定されているようです。

      20180822乃木神社21


蟇沼用水に架かる神橋。

      20180822乃木神社22


さざれ石。

      20180822乃木神社23


境内の記念碑。

      20180822乃木神社24



こちらが、社務所。

      20180822乃木神社25

その一角が授与所になっていて、御朱印はこちらで拝受出来ます。


墨書きの御朱印を待つ間、日陰で小休止。
とにかく、この日も暑かった。
今年の夏は異常な暑さですね。

      20180822乃木神社26



御朱印を待つ間、ぼんやりと境内を眺めています。

      20180822乃木神社27


整備された境内。

          20180822乃木神社28
      20180822乃木神社29

そして、社殿の奥には深い森が広がり、
やはり、乃木別邸が在った場所。
雰囲気は良い。



こちらが、乃木神社の御朱印。

      20180822乃木神社30

見開きで2ページ。


右側が通常の御朱印。

      20180822乃木神社31


左側が乃木将軍。

      20180822乃木神社32


この乃木将軍の姿を描くように(実際はスタンプですが)なったのは
近年らしい。

でも、この御朱印が気になっていたから、
参拝出来て御朱印も拝受出来たから、良かった。

見開き版扱いなのに、初穂料は300円。
ちょっと得した気分です。


関連記事
スポンサーサイト



2018/10/09 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit