FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............日野宮神社 (2018年8月8日)(東京都日野市) 

8月8日

8月8日、9日と個人的な連休。
9日に八王子の実家近くに用事があるため
この日は、小雨が降る中多摩地区へ出かけました。

京葉道路〜首都高〜中央道と乗り継ぎ、
国立府中ICで高速を降り、
向かった先は...............日野宮神社。


日野宮神社は、日野市栄町に鎮座する神社です。

創立年代は不詳ですが、武蔵七党の中の西党の祖である『日奉宗頼』が
武蔵国の国司となり、その孫である『西内大夫宗忠』が西党の始祖となって、
その子孫が祖神を祀って日野官権現と称したと言われています。

日野宮神社には三体の仏像が安置されています。
これらは平成5年(1993年)までは四谷自治会館(元の四谷阿弥陀堂)に
永い間大切に奉られていたものだそうです。
四谷自治会館が取壊しとなったため、日野宮神社へ遍座されたもので
このうち一体は虚空蔵菩薩、あとは阿弥陀如来座像と阿弥陀如来立像が安置されています。

自治会館が在った四谷地区では、『鰻を食べない』と言う伝承があったそうです。

1.近くを流れる多摩川が洪水を起こしそうになった時、
「うなぎ」が堤にできた穴を埋めて防いでくれたから。
2.薬師堂に安置してある勢至菩薩が「うなぎ」を召使いとしているから。
3.四谷の鎮守の日野宮のご本尊が虚空蔵菩薩(本地仏)で、
その召使いが「うなぎ」であるから等の諸説があるそうです。


御祭神は、 天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)
高魂尊(たかみむすぴのみこと)
日奉宗頼(ひまつりむねより)
日奉宗忠(ひまつりむねただ)



こちらが、日野宮神社の鳥居。

      20180808日野宮神社01

小雨がパラついているから
気をつけていてもレンズに水滴ぐ付いてなかなか上手く撮れない。
(自分の腕の未熟さを言い訳しています)(笑)。


鳥居に掲げられた扁額。

      20180808日野宮神社02


社殿へと続く参道。

      20180808日野宮神社03



境内。

      20180808日野宮神社04



こちらが、社殿。

      20180808日野宮神社07


社殿(拝殿)正面。

      20180808日野宮神社05


      20180808日野宮神社06



別アングルからの拝殿。

      20180808日野宮神社08


      20180808日野宮神社09


こちらが、本殿。

      20180808日野宮神社10


拝殿前の狛犬。

      20180808日野宮神社11


      20180808日野宮神社12


説明板。

      20180808日野宮神社13

日野宮神社の仏像に触れています。


日野宮神社の御本尊とされる仏像にも触れています。

      20180808日野宮神社14


この辺りは遺跡も在ったようです。

      20180808日野宮神社15


神輿庫? それとも宝物殿?

      20180808日野宮神社16


境内社。

      20180808日野宮神社17


庚申塔。

      20180808日野宮神社18

これは完全に神仏習合の名残りですね。
って言うか、本尊が仏像って完全に神仏習合してるし.............。



境内全景。

      20180808日野宮神社19
      20180808日野宮神社20



こちらが、日野宮神社の御朱印。

      20180808日野宮神社21

本務社の日野八坂神社にて拝受いたしました。

力強く、特徴のある書体の墨書き。
インパクトのある御朱印ですね。




関連記事
スポンサーサイト



2018/09/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit