FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り..................梅田稲荷神社 (2018年7月25日)(東京都葛飾区) 

7月25日

この日は、昼12:00からの勤務。
いわゆる遅番ってやつ。

とは言え、生活のリズムをあまり変えなくないので
いつもの時間に起きて、いつものように びいすけ の朝の散歩。

いつもより30分遅く自宅を出て、駅まで向かいます。

計算で行くと、出勤まで2時間の余裕がある事になる。
ならばと、電車を途中下車。
向かった先は..................梅田稲荷神社。


梅田稲荷神社は、葛飾区立石に鎮座する神社です。


この辺りは、かつての梅田村。
梅田村が立石村から独立した江戸時代初期に、
梅田村の鎮守として創建されたと言うことです。


御祭神は、倉稲魂命。


こちらが社号標。

      20180725梅田稲荷神社01

おい、待てよ?
確か、ここは梅田稲荷神社だったよね?
でも社号標には『梅田神社』。



こちらが、鳥居。

      0180725梅田稲荷神社02


鳥居に掲げられた神額。

      0180725梅田稲荷神社03

こちらには、しっかりと梅田稲荷神社と記されています。



手水舎。

      0180725梅田稲荷神社04



こちらが、拝殿。

      0180725梅田稲荷神社05

拝殿の扉は閉められていて
カラフルさの中にも、ちょっと雰囲気が違う。
稲荷神社って赤色が基調だとは思うんだけど、
拝殿の扉の青色がやけに目立って見えるのは気のせい?



拝殿正面。

      0180725梅田稲荷神社06


      0180725梅田稲荷神社07


拝殿正面に掲げられた扁額。

      0180725梅田稲荷神社08

紛れもない、稲荷神社の標記。



拝殿に貼られていた注意書き。

      0180725梅田稲荷神社09

はい、はい。大丈夫ですよ。
今日は びいすけ は留守番ですから(笑)



別アングルからの拝殿。

      0180725梅田稲荷神社10


こちらが、本殿。

      0180725梅田稲荷神社11



神楽殿。

      0180725梅田稲荷神社12



境内の記念碑。

      0180725梅田稲荷神社13


      0180725梅田稲荷神社14


敷地内に建つ、梅田会館。

      0180725梅田稲荷神社15

地域の公民館的な役割をするのでしょう。
そして祭礼の際には社務所として使われるのでしょう。


住宅街の一画に鎮座する神社だから
敷地は広くはない。

       0180725梅田稲荷神社16
      0180725梅田稲荷神社17


ここで、ふと気がついた。
狛犬が無い。
稲荷神社と言うのに、神使いの狐も居ない。
こんな事もあるんですね。


こちらが、梅田稲荷神社の御朱印。

      0180725梅田稲荷神社18

普段は無人の神社のため、
御朱印は本務社の立石熊野神社(五方山 熊野神社)にて拝受いたしました。





関連記事
スポンサーサイト



2018/09/13 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit