FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

富士浅間神社 (2018年7月15日)(茨城県龍ヶ崎市) 

7月15日

この日は、我孫子市に予定がありましたが
その前に利根川の川向こう、茨城県の龍ケ崎市に出かけました。

龍ヶ崎八坂神社をあとにして、向かった先は.........富士浅間神社。


富士浅間神社は、龍ヶ崎市八代町に鎮座する神社です。


鎌倉時代の正治2年(1200年)の創建と言われ、
駿河国富士郡浅間神社の神鏡を折半してご神体として祀り、
五穀豊穣・嬰児生育を祈願したと伝えられています。
その際、6月にもかかわらず雪が降り、
その時に雪が積もった地点に神社を建立したとも言われているそうです。

元亀2年(1571年)に龍ヶ崎を治めていた城主・土岐治英の保護のもとに再興されたそうです。

御祭神は、木花開耶姫命。



こちらが一の鳥居。


      20180715八坂富士浅間神社01


近くに社号標は見当たらないけれど
鳥居の柱に社号が記されています。

      20180715八坂富士浅間神社02

富士神社 となっていますね。


参道の太鼓橋。

      20180715八坂富士浅間神社03

この大きさじゃRがキツ過ぎて上れないんじゃ?



参道の境内社。

      20180715八坂富士浅間神社04


そして手水舎。

      20180715八坂富士浅間神社05



龍の吐出口の手水鉢ですが、水は張られていない。

      20180715八坂富士浅間神社06


神門。

      20180715八坂富士浅間神社07


神門左側には由緒書き。

      20180715八坂富士浅間神社08


そして右側にはなぜか祠が置かれています。

      20180715八坂富士浅間神社09


扁額もちょっと変わっている。

      20180715八坂富士浅間神社10


      20180715八坂富士浅間神社11


こちらが、拝殿。

      20180715八坂富士浅間神社12


拝殿正面。

      20180715八坂富士浅間神社13


拝殿に掲げられた扁額。

      20180715八坂富士浅間神社14

こちらには、『富士浅間神社』の文字。



別アングルからの拝殿。

      20180715八坂富士浅間神社15






拝殿前の狛犬。

      20180715八坂富士浅間神社16


      20180715八坂富士浅間神社17



こちらが、本殿。

      20180715八坂富士浅間神社18


本殿の囲いには由緒書き。

      20180715八坂富士浅間神社19



囲いの隙間から覗きこむと、本殿には立派な彫刻。

      20180715八坂富士浅間神社20



境内社の厳島神社。

      20180715八坂富士浅間神社22


      20180715八坂富士浅間神社23



富士浅間神社の言われとなる社殿背後の山。
大きな富士塚になります。

      20180715八坂富士浅間神社24


本殿右脇の鳥居。

      20180715八坂富士浅間神社25


      20180715八坂富士浅間神社26


この鳥居をくぐって上って行こうとしたら、下り口でした。


      20180715八坂富士浅間神社27


ならば、反対側。
社殿の左奥に上り口がありました。

      20180715八坂富士浅間神社28


      20180715八坂富士浅間神社29


      20180715八坂富士浅間神社30


頑張って上がりましょう。

      20180715八坂富士浅間神社31

とは言いながらも、結構急勾配の上り。


息を切らしながら上がると、そこには四阿?

      20180715八坂富士浅間神社32



祠にも見える。
そして、何かがある!

      20180715八坂富士浅間神社33


何と、熊のぬいぐるみ。

      20180715八坂富士浅間神社34

なぜ、こんな場所に熊のぬいぐるみ?
疑問が深まります(笑)。



頂部は凹んでいて、祠が鎮座しています。

      20180715八坂富士浅間神社35



凹みに降りて、お参りします。

      20180715八坂富士浅間神社36



頂上の碑の脇に鎮座する社。

      20180715八坂富士浅間神社37

まるで、富士山の噴火口のようなお鉢に鎮座する。
富士浅間神社なる由縁ですね。



頂部の凹み(お鉢)を取り囲む外周には、小さな祠が点在。

      20180715八坂富士浅間神社38


      20180715八坂富士浅間神社39



境内に戻ると、こんな案内板も建っていました。

      20180715八坂富士浅間神社40

旧暦の6月1日には、子どもの健やかな成長を願って、
誕生から数え年7歳まで毎年続けて裏手にある富士山に見立てた小さな山に登る
「初山参り」が行われるそうです。
親に連れられた子どもたちは、高さ34.8mの「富士山」に登り、
山頂の本殿にお参りした後、噴火口をかたどったお鉢を一巡りして初山参りを終えるそうです。



境内には、新たに社務所が建設中。

      20180715八坂富士浅間神社41

すぐ近くに住む宮司さん宅にて御朱印は頂いたけるようですが
あいにく、この日は留守で不在。
実は、前回もちょうど外出される所で、タイミングが悪かった。

なかなか宮司さんとタイミングが合わないけれど
まあ、これも相性だし縁だから仕方ないですね。



関連記事
スポンサーサイト



2018/09/04 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit