FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今週はコレ!...............CITIZEN  LEOPARD  (2018年7月9日) 

7月9日  


毎週、月曜日に着け変えている腕時計。
今週は、こちら ↓

      20180709CITIZEN  LEOPARD  01


CITIZEN  LEOPARD (レパード)


文字盤は少し汚れていますが、
10年ほど前に、ヤフオクで手に入れたモノ。
60年代〜70年代に販売されていたモデルだから、当然中古品。

CITIZEN  LEOPARD シリーズは、60年代〜70年代に
CITIZENが展開した機械式自動巻腕時計のラインナップの一つです。

この当時、CITIZENでは、普及モデルとして「7(セブン)」と総称されるモデルのラインナップがありました。
さらに、高機能(高性能)を求め、上位機種としてラインナップされたのが
このLEOPARD シリーズになります。

LEOPARD シリーズは、機械式腕時計の心臓部であるムーブメントが6振動機械からスタートし、
8振動、さらに10振動へと高振動化されています。
CITIZENでは6振動機械を「ファーストビート」と呼び、
8振動以上を「スーパービート」と呼称したようです。

ここで、6振動機械とか、8振動機械と言う言葉が出てきましたが
6振動機械とは1秒間に6振動、即ち1秒間に秒針が6回細かく動くということになります。
それを踏まえると8振動機械は1秒間に8振動。
1時間に秒針が28800回細かく動くことになります。
俗に言う8ビートの腕時計がそれに当たります。
それが、機械式時計の高性能を示す目安にもなります。

文字盤に記された SUPER BEAT 8
即ち、8振動のムーブメントを搭載した腕時計になります。




      20180709CITIZEN  LEOPARD  02


      20180709CITIZEN  LEOPARD  03



竜頭には、CITIZENを表すCTZの略字。

      20180709CITIZEN  LEOPARD  04



ケース裏蓋には刻印もしっかり残っている。

      20180709CITIZEN  LEOPARD  05


      20180709CITIZEN  LEOPARD  06



久し振りに腕に着けてみます。。

      20180709CITIZEN  LEOPARD  07



8ビートの鼓動を感じると言うと嘘になるけど
滑らかな秒針の動きにソレを感じます。。

      20180709CITIZEN  LEOPARD  08
 


さあ、今週もがんばりましょう!!



関連記事
スポンサーサイト



2018/09/03 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit