FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り..................杉山神社 (2018年7月8日)(東京都稲城市) 

7月8日

この日は、稲城市に出かけました。


青渭神社をあとにして、向かった先は..................杉山神社。


杉山神社は、稲城市平尾に鎮座する神社です。

創建年代等は不詳ですが、江戸期には延徳4年(1492年)銘の懸仏が本尊で、
平尾の鎮守社だったと言われています。
大正8年、平尾村内にあった八坂神社、日吉神社を合祀したと言われています。

杉山神社は、旧武蔵国における式内社の一社とされますが、
その論社とされる神社は(杉山神社と称する神社は)、
現在の神奈川県横浜市を中心に数十社存在します。
稲城市平尾に鎮座するこの杉山神社もその論社の一つとされているようです。



こちらが、杉山神社の社号標。

      20180708杉山神社01



一の鳥居。

      20180708杉山神社02


一の鳥居に掲げられた神額。

      20180708杉山神社03



こちらにも在りました。

      20180708杉山神社04

一の鳥居脇に建てられた、統一化された稲城市教育委員会の説明板。
どうやら、稲城市では、それなりの神社にはこのタイプの説明板が
建てられているいるようです。


一の鳥居前の狛犬。

      20180708杉山神社05


      20180708杉山神社06


一の鳥居をくぐって、参道を進みます。


かつての御神木でしょうか?

      20180708杉山神社07

切り株に腐らないようにカバーしてが掛けられ
注連縄が巻かれています。


小ぶりな手水舎。

      20180708杉山神社08


参道には、立派な記念碑も建っています。

      20180708杉山神社22


参道の幟。

      20180708杉山神社24



参道は石段へと変わります。

      20180708杉山神社09



二の鳥居。

      20180708杉山神社10


ここにも小ぶりな手水舎。

      20180708杉山神社11


石段を上がった先は社殿。

      20180708杉山神社12


拝殿近くには、立派な手水舎。

      20180708杉山神社13



こちらが、拝殿。

      20180708杉山神社14



拝殿正面。

      20180708杉山神社15


別アングルからの拝殿。

      20180708杉山神社16


      20180708杉山神社17



杉山神社の提灯。

      20180708杉山神社18


      20180708杉山神社19



こちらが、本殿。

      20180708杉山神社20



神輿庫。

      20180708杉山神社21


こちらご、社務所&授与所。

      20180708杉山神社23

無人かと思ったら、神職さんが居られました。

御朱印をお願いしたら、快諾していただきました。
ラッキー!
ネットの先人者のブログでは、本務社の穴澤天神社で拝受出来ると書いてあったので
ちょっと得した気分。
      


こちらが、杉山神社の御朱印。

      20180708杉山神社25


御朱印をいただいた後も、しばらく神職さんと話をさせていただき
大変貴重な時間を過ごす事が出来ました。
ありがとうございました。





関連記事
スポンサーサイト



2018/08/29 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit