FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り..................青渭神社 (2018年7月8日)(東京都稲城市) 

7月8日

この日は、稲城市に出かけました。


大麻止乃豆乃天神社をあとにして、向かった先は...............青渭神社。

青渭神社は、稲城市東長沼に鎮座する神社です。

東京都の旧武蔵国多摩郡にある神社で、
延喜式神名帳に「武蔵國多磨郡 青渭神社」として記載されていますが、
式内・青渭神社の論社は稲城市東長沼、調布市深大寺、青梅市沢井の三社があります。

論社とは、延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』に指定されていた全国の神社一覧の中で
似たような名前があって、一つの式内社に対して複数の候補が存在している場合、
その神社を「論社」と呼びます。

先日、青梅市の青渭神社は既に参拝しているので(と言っても里宮のみ)
こちらの青渭神社が二つ目の論社となります。

創建年代は不明ですが、
伝承では弘仁年間(810年 〜824年)の創建とされ、
鎮座地付近には、その昔に大きな青い沼があり、
その神霊を祀ったことが起源とされ、
「大沼明神」「青沼大明神」と称されていたそうです。

御祭神は、青渭神・猿田彦命・天鈿女命



青渭神社の社号標。

      20180708青渭神社01



社号標脇には、小さいながらも神橋。

      20180708青渭神社02



そして、一の鳥居。

      20180708青渭神社03



その脇には、稲城市教育委員会が建てた説明板。

      20180708青渭神社04



社殿へと続く参道。

      20180708青渭神社05



二の鳥居。

      20180708青渭神社06



参道の狛犬。

      20180708青渭神社07


      20180708青渭神社08


手水舎。

      20180708青渭神社09



手水舎の脇には、もう一対の狛犬。

      20180708青渭神社10


      20180708青渭神社11



こちらが、拝殿。

      20180708青渭神社12


拝殿正面。

      20180708青渭神社13


      20180708青渭神社14


      20180708青渭神社15



別アングルからの拝殿。

      20180708青渭神社16


      20180708青渭神社17



こちらが、本殿。

      20180708青渭神社18



拝殿前には、由緒書き。

      20180708青渭神社19



拝殿前には二枚の説明板。


その1枚。

      20180708青渭神社20

何と、青渭神社が鎮座する辺りは、東京の梨栽培の起源地らしい。
そういえば、稲城って梨の名産地だもんね。


さらにもう一枚。

      20180708青渭神社21

こちらは、青渭神社の獅子舞について触れています。
毎年10月1日の祭礼で奉納される獅子舞は、
稲城市の文化財に指定されているそうです。



境内社。

      20180708青渭神社22


      20180708青渭神社23




人の居ない静かな境内。

      20180708青渭神社24
      20180708青渭神社25
      20180708青渭神社26


      20180708青渭神社29
      20180708青渭神社28


社務所には誰もが居なく、本殿背後の宮司さん宅にて
御朱印は拝受出来ます。


こちらが、青渭神社の御朱印。

      20180708青渭神社27


御朱印、ありがたく頂戴いたしました。


関連記事
スポンサーサイト



2018/08/28 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit