FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今週はコレ!...............RADO Purple Horse (2018年7月2日) 

7月2日

毎週、月曜日に着け変えている腕時計。


今週は、こちら ↓

      20180702RADO Purple Horse01


RADO Purple Horse。

ご存知、スイスの名門、RADO。
その昔、テレビのクイズ番組やバラエティー番組での賞品として
酒田時計貿易と言う代理店の名前と共にRADOと言うブランドは良く耳にしました。

RADO(ラドー)は1917年スイス創業の老舗メーカーですが、
元々はムーブメントメーカーでした。
本格的に機械式時計の製造に乗り出したのは1960年近くになってからです。
超硬メタルを採用したダイアスターなど個性的な時計も数多く製造しており、
ハイスペックなモデルをリーズナブルに提供しているメーカーです。

日本では、あまり知名度はありませんでしたが、
その昔、テレビのクイズ番組やバラエティー番組での賞品として
酒田時計貿易と言う代理店の名前と共にRADOと言うブランドを耳にするようになり
知名度も上がって来ました。
しかし残念ながら、スポンサー企業として貢献した酒田時計貿易も倒産してしまい、
いつしか、テレビ等でRADOの名を聞く事は無くなってしまいました。


そんなRADOのPurple Horse。
RADOには、Horseシリーズとして、このPurple Horse以外にも
Golden Horse、Green Horseと言ったモデルがあるようですが
その違いはよくわかりません。(勉強不足です。)


      20180702RADO Purple Horse02


      20180702RADO Purple Horse03


RADOと言えば錨のマーク。
竜頭にも錨のマーク。

      20180702RADO Purple Horse04



ケース裏蓋のメダリオン。

      20180702RADO Purple Horse05

そこには、3匹のシーホース。
いわゆる、タツノオトシゴ。



10年近く前にヤフオクでゲットした1本。
ほとんど使うことも無く、飾り棚に入れっぱなしだった1本。

久しぶりに腕に着けてみましょう。

      20180702RADO Purple Horse06


      20180702RADO Purple Horse07


う〜む、古き1970年代を感じさせる1本。
昭和の時代に生まれ、昭和の時代に青春期を過ごした男には
昭和の時代を思い出させる1本ですね。





関連記事
スポンサーサイト



2018/08/25 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit