FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り..................小野神社 (2018年6月27日)(東京都多摩市) 

6月27日

この日は、実家のある八王子市のお隣になる日野市、並びに多摩市をうろちょろ。


百草八幡宮をあとにして、向かった先は.........小野神社。


小野神社は、多摩市一の宮に鎮座する神社です。

『延喜式神名帳』に記載されている式内社「武蔵国多磨郡 小野神社」の論社の1つです。
論社として府中市にも小野神社があります。
府中市の小野神社とは多摩川の対岸に位置し、度重なる多摩川の氾濫にともない
遷座を繰り返した結果2社になったとも言われていて、
どちらかが本社で、もう一方は分祠であるとも言われているみたいです。

また、近在に武蔵国府が存在し、武蔵国一宮でありました。
武州六大明神の一つとされ、これらを祀る武蔵国総社の大國魂神社(六所宮)には、
「一宮」として祀られているのが、多摩市に鎮座する小野神社です。

そう言った意味で、武蔵国の一宮とされていますが、
さいたま市の氷川神社も武蔵国の一宮と言われているために
武蔵国では、二つの一宮が存在するようで話がややこしくなっているようです。

創祀年代は不詳ですが、一説には安寧天皇十八年の創建と伝えられる古社となります。

御祭神は、天下春命、瀬織津比咩命、伊弉諾尊、素盞嗚尊、
大己貴大神、瓊々杵尊、彦火火出見尊、倉稲魂命



こちらが、小野神社の社号標。

      20180627小野神社01



鳥居。

      20180627小野神社02


鳥居の神紋

      20180627小野神社03

鳥居に神紋が入っているあたり、さすが一宮。



そして、鳥居の先には随神門。

      20180627小野神社04


隋神門前には狛犬。

      20180627小野神社05


      20180627小野神社06



隋神門正面。

      20180627小野神社32


      20180627小野神社07

扁額には、『隋神門』の文字。
やっぱり『小野神社』にして欲しかった。



彫刻も見事。

      20180627小野神社08


      20180627小野神社09



ガラス越しで見づらいけれど
社殿に向かって右側の左大臣。

      20180627小野神社10


こちらは、向かって左側の矢大臣。

      20180627小野神社11



隋神門の先には手水舎。

      20180627小野神社12



そして、こちらが拝殿。

      20180627小野神社13


拝殿正面。

      20180627小野神社14



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180627小野神社20



別アングルからの拝殿。

      20180627小野神社15


      20180627小野神社16



そして、こちらが本殿。

      20180627小野神社17



拝殿前の狛犬。

      20180627小野神社18


      20180627小野神社19


     
境内社の合殿。

      20180627小野神社21

伊勢神宮内宮、伊勢神宮外宮、三嶋神宮、八坂神社、愛宕神社
安津神社、日代神社、鹿島神社、子安神社、厳島神社、方便神社
摂社・堰宮神社の12柱が祀られています。


こちらは、境内社の秋葉神社。

      20180627小野神社22


同じく境内社の稲荷社。

      20180627小野神社23


      20180627小野神社24



注連縄がかけられた石。

      20180627小野神社25

境内に埋まっていた石を掘り返したところ、
ハート状のくぼみがあったため、縁起が良いであろうということで
この場所に置かれたそうです。



こちらは、東参道になるのか?
境内東側の参道口に建つ古い社号標。

      20180627小野神社29



こちらは神輿庫の類だろうか?

      20180627小野神社26


こちらも神輿庫のように見える。

      20180627小野神社27



こちらは、社務所並びに授与所。

      20180627小野神社28

一宮なのに、無人?
シャッターが閉まっている。

どうやら、無人になる事が多い神社のようです。
宮司さんに電話をしたら、20分ほど待ってくれれば
社務所を開けてくれるとの事で、しばらく待つことに.........




宮司さんを待つ時間は意外に長かったりします。
びいすけ は玉垣の間からかおを出したりして
小野神社を満喫中?

      20180627小野神社30



20分ほど待って、宮寺さんも到着。


こちらが、墨書きしていただいた御朱印。

      20180627小野神社31





さて、............

あまり、神社の批判はしたくないが、敢えて苦言を。


御朱印帳に墨書きをしている際に、宮司さんにこんな事を言われました。

『シャッターが閉まっているのに、わざわざ電話をしてくる感覚か分からない。
その感覚が理解出来ない!』


えっ!
何それ?

こちらとしては、武蔵国の一宮が無人であるとは思わないし
たまたま外出しているのか?と思い電話をしたわけで、
まさか、神社に休みがあるなんて知りません。


HPには、

『朱印をご希望の方は下記までご連絡ください。
遠方からお越しの方は事前の予約をお勧めします』

と記載されている。
そして、こんな記載もあります。

『ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ。お待ちしております。』

ましてや、御朱印の問い合わせをしたら、
20分ほど待ってくれれば、社務所に出向いてくれると言う事だから
恐縮してはいたけれど、こんな嫌味は無いんじゃない。

こちらは、わざわざ出向いていただいたことには感謝しているし、
気持ち良く御朱印を拝受したかった。

正直、気持ちの良いものじゃない。
ましてや、相場より高い初穂料だし.........
(これって特別料金なの?)



地方の神社巡りをしていると、直接宮司さん宅にお邪魔したり
社務所兼自宅に声を掛けたりして、多くの宮司さんに接して来ました。
だった1枚の御朱印かも知れないけれど、
その御朱印を通じて、多くの宮司さんたちに出会いました。
それもみな、神さまの思召し。それが縁だと思って来ました。

小野神社の御祭神には申し訳ありませんが
二度とお参りに行く気にはなれません。

御朱印拝受の神社巡りも既に200社近くなりますが
こんな嫌な思いをしたのは2回目。
(最初は、小田原市の O稲荷神社 )

こちらの神社には縁が無かったモノだと思う事にいたします。
私にとって、武蔵国の一宮は氷川神社になりました。





関連記事
スポンサーサイト



2018/08/24 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit