FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

高幡城址 (2018年6月27日)(東京都日野市) 

6月27日

この日に『あじさいまつり』で出かけた高幡不動尊。

実は、この高幡不動尊の『あじさいまつり』の山あじさいが咲いている
高幡不動尊の裏と言うか、脇になる高幡山は、高幡城址であります。



高幡城は、標高約130m、比高約50mの平山城です。
高幡不動尊(金剛寺)が麓にあり、その裏山が城址となっており、
「八十八ヶ所巡礼のお遍路コース」と言う散策路があり
紫陽花の花が群生し、紫陽花の名所としても知れています。。

高幡城の詳細は不明ですが、
1590年(天正18年)の豊臣秀吉による「小田原征伐」の際には、
八王子城主・北条氏照の家臣である、高幡十右衛門が居城して、
前田利家や上杉景勝の軍勢と戦ったとも伝えられています。
氏照の時代には、高幡之郷は平山大学助が知行していたと言う記録があるため、
檜原城を本拠としていた平山氏が高幡城の城主であったという説もあります。
いずれにしろ、



こちらが、高幡城の縄張り図。

      takahatatyo

( 余湖さんのHPよりお借りしました )



高幡不動尊の五重の塔脇から裏山へ。
いざ、高幡城へ。

      20180627高幡城址01


この時期は、高幡山の山あじさいが見頃。

      20180627高幡城址02

『あじさいまつり』も開催されていて、訪れる人も多い。

山内八十八ケ所巡拝路と称し、石仏や俳人・歌人の句碑が
ちょっとしたハイキングコースになっています。


周りの人は紫陽花や石仏を見て巡りますが、
城好きは視点が変わってきます。

あまり、遺構は残されていないと言う事ですが
城郭の雰囲気を味わいます。

      20180627高幡城址03


      20180627高幡城址11



こちらは、二郭の虎口か?

      20180627高幡城址04


すぐ近くには、高幡城址の看板。

      20180627高幡城址05


こちらが、二郭。

      20180627高幡城址06



縦に伸びる細長い削平地。

      20180627高幡城址07



そして、こちらが主郭跡。

      20180627高幡城址08

それなりの来訪者が居ます。


頂部と言うこともあり、それなりに見晴らしも良い。

      20180627高幡城址09


      20180627高幡城址10



こちらは、三郭。
一部、土塁らしきモノもある。

      20180627高幡城址12



尾根沿いに移動しながら、馬場跡へと向かいます。

      20180627高幡城址13


こちらが、馬場跡。

      20180627高幡城址14


かなり人の手が入り、往時の馬場の雰囲気はない。    

      20180627高幡城址16

高幡不動尊の散策路の広場って言う感じ。


残念ながら、やはり遺構はほとんど残っていなくて
面白みに欠けるのは否めない。
でも、それも仕方ないことでしょう。






関連記事
スポンサーサイト



2018/08/22 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit