FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

御朱印巡り..................八日市場東照宮 (2018年6月21日)(千葉県匝瑳市) 

6月21日

この日は、匝瑳市周辺の神社巡りに出かけました。


八重垣神社から散歩を兼ねて、
すぐ近くに鎮座する八日市場東照宮に徒歩で移動します。


八日市場東照宮は、匝瑳市八日市場イに鎮座する神社です。

この東照宮は、千葉県内では数少ない単独の東照宮で、
全国東照宮連合会に加盟しているそうです。

以前、『ちいちい散歩』と称して、地井武男の生まれ故郷である
この八日市場に来た時に(その時の記事は こちら
東照宮の前を通りましたがすっかり忘れていました。

八日市場に東照宮が在るんだと知り、訪れてみると記憶が蘇りました。

『東照宮』と言えば『日光東照宮』がまず浮かびますが
『上野東照宮』や『久能山東照宮』のように東照宮と名の付く神社は21社あり、
その1社が、八日市場東照宮になります。


慶長19年(1614年)の正月に徳川家康が九十九里地方で鷹狩りをしていました。
その時、鷹が行方不明になってしまい、
八日市場村の医王寺の僧侶が祈祷したところ、
この鷹が境内の松の木に降りてとまったそうです。
この時の松の木を『御鷹松』と言うそうです

寛永9年(1632年)天海僧正がこの松のことを耳にして、
<南無東照三所大権現 探題僧正天海>の書状を与えました。
医王寺の僧侶は、この松の根元に小祠を建立し、
天海僧正からの書状を掲げて、『東照大権現』と称した事が
八日市場東照宮の始まりとされています。

明治2年(1869年)に東照宮と改称されました。
そして、平成3年に道路拡張に伴い現在地に遷座。
『八日市場東照宮』と改称したそうです。

御祭神は、東照大権現(徳川家康)。



社号標。

      20180621八日市場東照宮01



鳥居。

      20180621八日市場東照宮02


      20180621八日市場東照宮03



広くない境内に何故か庚申塔と青面金剛。

      20180621八日市場東照宮04



手水鉢。

      20180621八日市場東照宮05



そして、社殿。

      20180621八日市場東照宮06

日光東照宮や上野東照宮のような金ピカの艶やかさは全く無い。
境内を含め社殿もコンパクト。


社殿正面。

      20180621八日市場東照宮07


      20180621八日市場東照宮08



社殿前の狛犬。

      20180621八日市場東照宮09


      20180621八日市場東照宮10



八日市場東照宮の全景。

      20180621八日市場東照宮11

コンパクトでしょう?



こちらが、社務所。

      20180621八日市場東照宮12

地域の集会所も兼ねているようです。


宮司さんは不明ですが、社務所は普段は無人。
お近くに住む、氏子総代の方(会長職の名刺を頂きました。)と連絡が取れ、
たまたまこの日、別な方が御朱印をお願いしていたそうで
便乗でお願いしちゃいました。
わざわざ、神社まで出向いて頂き、
他の方に渡す予定だった御朱印を拝受しちゃいました。
社務所の中で、徳川家康談義に花が咲き、盛り上がっちゃいました。
(一応、外で待機させている びいすけ も気になりましたが.........)


と言うことで、拝受した御朱印がこちら。

      20180621八日市場東照宮13


書き置きですが、日付も入っていて
言うこと無し!

突然の来訪に神対応していただき、氏子総代の方には感謝です。




関連記事
スポンサーサイト
2018/08/10 Fri. 00:04 | trackback: -- | 本文: -- | edit