FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

御朱印巡り..................松山神社 (2018年6月21日)(千葉県匝瑳市) 

6月21日

この日は、匝瑳市周辺の神社の御朱印巡り。


水神社をあとにして、向かった先は.........松山神社。


松山神社は、匝瑳市松山に鎮座する神社です。


松山神社の創建は古く、
大同元年(806年)に『伊邪那美命』を祀った事が始まりとされる
1200年の歴史を重ねる古社です。

建久5年(1194年)に『誉田別命』と『天児屋根命』が合祀されました。

御祭神は、伊邪那美命(いざなみのみこと)
誉田別命(ほんだわけのみこと)
天児屋根命(あめのこやめのみこと)

伊邪那美命は国と神を生んだ事から、
延命長寿・病気平癒など身体面全般にご神徳があり、
また、誉田別命は数多の軍事的な業績により
開運武勇の神と崇められています。
そして、天児屋根命は祝詞・言霊・学問の神として信仰されています。



松山神社の参道口。

      20180621松山神社01

特に石造りの社号標は無いけれど、バスの停留所になってます。


てっきり社号標かと思ったら違っていた。

      20180621松山神社02

『澄神定霊』と刻まれているようです。



さらには、カスれて文字が判読不明な説明板。
松山神社について、触れているとは思うのだが........

      20180621松山神社03



大鳥居。

      20180621松山神社04



大鳥居には神額はない。

      20180621松山神社05



社殿へと続く参道。

      20180621松山神社06



手水舎。

      20180621松山神社07



こちらが、拝殿。

      20180621松山神社33


      20180621松山神社08


拝殿正面。

      20180621松山神社09


      20180621松山神社10



拝殿の鬼瓦と神紋。

      20180621松山神社11



拝殿の彫刻。

      20180621松山神社12


      20180621松山神社13


賽銭箱の脇には、由緒が書かれたパンフレットと書置きの御朱印。

      20180621松山神社14

こちらの宮司さんも平素は銚子市の猿田神社に常駐しているので
御朱印は書置き対応のようです。



別アングルからの拝殿。

      20180621松山神社15


      20180621松山神社16



こちらが、本殿。

      20180621松山神社18


      20180621松山神社17


     
本殿脇には裏参道があり、そちらにも手水舎があります。

      20180621松山神社19



本殿周辺には境内社が点在します。

      20180621松山神社20


      20180621松山神社22



稲荷神社。

      20180621松山神社21


      
阿須波神社。

      20180621松山神社23



板碑も意外に多い。

      20180621松山神社24


      20180621松山神社25



1200年の歴史を誇る古社。
境内には、樹齢800年の巨木もそびえています。


旧・八日市場市指定の天然記念物の杉。

      20180621松山神社26



見事です。

      20180621松山神社27
      20180621松山神社28



隣接する匝瑳小学校(平成28年廃校)の校舎脇にも、大きな杉の木がある。

      20180621松山神社29
      20180621松山神社30

実は、廃校となった匝瑳小学校にも訪れた事もありました。
その時にも、松山神社を散策してはいたんですけどね。
(その時の記事は こちら )。


樹齢800年の杉の木以外にも、この松山神社には
文化財として『松山神社の神楽』が指定されています。

      20180621松山神社31



そして、こちらが神楽殿を兼ねた参集殿。

      20180621松山神社32


     
こちらが、松山神社の御朱印。

      20180621松山神社34

書置きですが、拝受出来て良かったです。



関連記事
スポンサーサイト
2018/08/08 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit