FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

御朱印巡り..................産千代稲荷神社 (2018年6月13日)(東京都八王子市) 

6月13日

この日は、実家のある八王子市の神社の御朱印巡りに奔走しました。

多賀神社をあとにして、向かった先は.............産千代稲荷神社。


産千代稲荷神社は、八王子市小門町に鎮座する神社です。

甲斐・武田
八王子城陥落後、北条氏照の旧領である八王子は徳川氏の直轄領となり、
甲斐・武田氏に仕え、武田氏滅亡後は徳川家康に仕えた大久保長安が
8000石の所領を与えられ八王子の代官として陣屋を構えました。
陣屋の敷地の西南に位置した当地に鬼門除け・五穀豊穣・殖産興業の神として
倉稲魂命を奉斎し当社を創建したそうです。
社号の『産千代』は、千代に続くようにとの願意によると伝えられています。


御祭神は、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)




こちらが、産千代稲荷神社の社号標。

       20180613産千代稲荷神社01


鳥居。

       20180613産千代稲荷神社02



社殿へと続く参道。

       20180613産千代稲荷神社03


       20180613産千代稲荷神社04



手水舎。

      20180613産千代稲荷神社07


定番の龍の吐出口。

      20180613産千代稲荷神社08




こちらが、拝殿。

       20180613産千代稲荷神社05



      20180613産千代稲荷神社06


      20180613産千代稲荷神社09



拝殿前の狛狐。

      20180613産千代稲荷神社10


      20180613産千代稲荷神社11

本来は、狐であっても宮殿を守護する縁起のよい像。
御祭神の使い(神使)の像と言うことから、狛犬と言うらしい。



拝殿正面。

      20180613産千代稲荷神社12


      20180613産千代稲荷神社13



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180613産千代稲荷神社14



別アングルからの拝殿。

      20180613産千代稲荷神社15



こちらは、本殿。

      20180613産千代稲荷神社16



境内社。

      20180613産千代稲荷神社17


      20180613産千代稲荷神社18


      20180613産千代稲荷神社19



冒頭にも、大久保長安について触れましたが
この産千代稲荷神社が鎮座する地は、かつての陣屋跡。


鳥居脇には石碑も建ち、説明板も用意されています。

      20180613産千代稲荷神社20


      20180613産千代稲荷神社21

八王子市の史跡に指定されているようです。


こちらご、社務所。

      20180613産千代稲荷神社22

御朱印は、こちらで拝受出来ます。



そして、こちらが御朱印。

      20180613産千代稲荷神社23

城郭好きとしては御朱印巡りにハマる前から、
陣屋跡の事は知っていたし、訪れたいと思っていました。
残念ながら、陣屋としての遺構はほとんど残っていませんが
こんな機会でもないと、なかなか足が向かなかったのも事実。

とりあえず、訪れる事が出来て良かったぁ。



関連記事
スポンサーサイト
2018/08/04 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit