FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

御朱印巡り..................多賀神社 (2018年6月13日)(東京都八王子市) 

6月13日

この日は、八王子の神社の御朱印巡り。


日吉八王子神社をあとにして、向かった先は.............多賀神社。


多賀神社は、八王子市元本郷町に鎮座する神社です。


平安時代中期の天慶元年(938年)に、武蔵介に任ぜられた源経基(清和源氏の祖)が
国土豊穣・万世安穏を祈願する為、滋賀県・多賀大社の御分霊を勧請したのが始まりとされています。
ただ、散田村鎮座の高宰神社を別当寺・密蔵院の境内へ勧請したことに始まり、
元禄年間(1688~1704年)に高宰明神から多賀明神と改称されたと言う別説もあるようです。

鎮座地である本郷村(現在の元本郷町)をはじめ、
八王子宿西部の鎮守として崇敬されました。

御祭神は、伊弉諾尊尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)



こちらが、多賀神社の社号標。

      20180613多賀神社01


大鳥居。

      20180613多賀神社02

以前は、少し離れた場所に一の鳥居が在ったようですが
昭和20年の八王子空襲で倒壊してしまったそうです。



大鳥居に掲げられた神額。

      20180613多賀神社03



大鳥居脇の提灯。

      20180613多賀神社04



掲示板。

      20180613多賀神社05



『参拝以外の犬の散歩はご遠慮下さい。』

      20180613多賀神社06

う〜む、微妙な表現。
でも散歩目的じゃなく、あくまでも参拝目的で来ているから
言葉通りなら、びいすけ は大丈夫でしょう。
でも一応、抱っこして境内に入ります。
(約13kgの びいすけ は重い!)


写真を撮る時だけは、地面に立たせてもらいましょう。


参道。

      20180613多賀神社07



手水舎。

      20180613多賀神社08



こちらが、拝殿。

      20180613多賀神社09



拝殿正面。

      20180613多賀神社10


      20180613多賀神社12


      20180613多賀神社11


      
散歩じゃありません。
びいすけ もしっかりお参りします。

      20180613多賀神社13



別アングルからの拝殿。

      20180613多賀神社15


      20180613多賀神社25



こちらが、本殿。

      20180613多賀神社14


      
拝殿側面の扁額。

      20180613多賀神社16



拝殿前の天水桶。

      20180613多賀神社17



拝殿前には、2対の狛犬。

      20180613多賀神社18


      20180613多賀神社19


      20180613多賀神社20


      20180613多賀神社21



神札所

      20180613多賀神社23


祈祷待合所

      20180613多賀神社22



神楽殿。

      20180613多賀神社24


      
機守神社。

      20180613多賀神社27


機守神社の扁額。

      20180613多賀神社28



機守神社の隣に並ぶ二つの祠。

      20180613多賀神社26

日枝神社と第六天神社

     

拝殿前に建つ説明板。     

      20180613多賀神社29

多賀神社の神輿について触れています。
多賀神社の千貫神輿は、神輿および神輿台車は氏子12カ町共有で、
明治15年(1882年) 浅草で建造され、江戸様式の正統工法の遺構を残しているそうです。
神輿の総重量は4トン、高さ2.5メートルの大神輿であり、八王子市の文化財になっています。


その神輿が奉納されている神輿庫。

      20180613多賀神社30


各町会の神輿も本殿裏手に奉納されているようです。

      20180613多賀神社31



こちらが、多賀神社の御朱印。

      20180613多賀神社32

大鳥居脇の社務所(宮司宅?)で拝受しました。

『武州八王子』って言う言葉の響きが良いですね。


関連記事
スポンサーサイト
2018/08/03 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit