FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

御朱印巡り..................宮尾神社 (2018年6月13日)(東京都八王子市) 

6月13日

久しぶりの八王子から。


諏訪神社をあとにして、陣馬街道を下って行きます。
向かった先は...............宮尾神社。


宮尾神社は、八王子市上恩方町に鎮座する神社です。

明応元年(1492年)に別当東福院が宮尾山上に勧請したものと伝えられ、
宮尾神社、高留住吉社とも称しています。
明治初年,琴平神社を合祀しました。
正式名は住吉神社琴平神社合社ですが、
一般的には宮尾神社で通っているようです。

御祭神は、底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后、大物主命、崇徳天皇



陣馬街道を西下し、中村雨紅氏の作詞した『夕やけ小やけ』の碑を目指します。

      20180613宮尾神社01

実は、宮尾神社の境内には、童謡『夕やけ小やけ』の碑があります。



宮尾神社の参道の石段。

      20180613宮尾神社02



鳥居。

      20180613宮尾神社03



鳥居に掲げられた神額。

      20180613宮尾神社04

確かに宮尾神社ではなく、『住吉神社 琴平神社合社』と刻まれている。



鳥居をくぐって、宮尾神社をお参りいたしましょう。

      20180613宮尾神社05



この石段の先が社殿。

      20180613宮尾神社06



石段上の狛犬。

      20180613宮尾神社07


      20180613宮尾神社08



こちらは、手水舎。

      20180613宮尾神社09



こちらが、拝殿。

      20180613宮尾神社10



拝殿正面。

      20180613宮尾神社11



拝殿正面の彫刻。

      20180613宮尾神社12


      20180613宮尾神社13


      20180613宮尾神社14



こちらが、本殿。

      20180613宮尾神社15



神楽殿。

      20180613宮尾神社16



境内の板碑。

      20180613宮尾神社17



そして、こちらが『夕やけ小やけの碑』。

      20180613宮尾神社18

童謡『夕やけ小やけ』の作詞者・中村雨紅(本名・高井宮吉)は
宮尾神社の宮司(おそらく先代だと思われる)の次男として生まれたらしい。
『夕やけ小やけ』の歌詞の世界は、この宮尾神社周辺の
長閑な風景を謳ったものなんでしょう。



御朱印は、宮尾神社から少し離れた宮司さん宅でいただきました。


陣馬街道沿いの授与所。

      20180613宮尾神社19

こちらもこの日は閉まっていて、
この奥にある宮司さん宅へ立ち寄ります。


こちらが、宮尾神社の御朱印。

      20180613宮尾神社20

宮尾神社って通称で、本当は『住吉神社 琴平神社合社』って聞いていたけれど
御朱印に宮尾神社って墨書きするんだから
もう『宮尾神社』に統一しても良いんじゃない?




関連記事
スポンサーサイト
2018/07/31 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit