FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

父さんの都内散歩・御朱印巡り...............根津神社 (2018年6月6日)(東京都文京区) 

6月6日

この日は、都内に出かけました。
夕方に仕事絡みの用事があったので、 びいすけ は留守番。

早めに家を出て、下町の神社巡りと相成りました。


西日暮里の諏方神社をあとにして、下町の商店街の谷中銀座を抜け
不忍通りを根津方面に歩き、向かった先は.........根津神社。


根津神社は、文京区根津に鎮座する神社です。


今から千九百年余の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社で、
文明年間(1469年〜1486年)には、太田道灌が社殿を奉建しているそうです。
また、江戸時代の五代将軍・徳川綱吉は、世継が定まった際に現在の社殿を奉建し、
千駄木の旧社地より現在地に御遷座したそうです。
明治維新には、明治天皇御東幸にあたり勅使を遣わされ、
国家安泰の御祈願を修められる等、古来御神威高い名社であるそうです。

御祭神は、須佐之男命・大山咋命・誉田別命 
相殿として、大国主命・菅原道真公が祀られています。



こちらが、根津神社の表参道の社号標。

       20180606根津神社01



表参道の鳥居。

      0180606根津神社02



鳥居に掲げられた神額。

      0180606根津神社03



根津神社は、思ってた以上に広い。


表参道を歩いて行くと、神橋が現れます。

      0180606根津神社04



楼門。

      0180606根津神社05

いわゆる随身門。
門の両脇には、左大臣と矢大臣が鎮座しています。



向かって右側。
左大臣。

      0180606根津神社07


向かって左側の矢大臣。

      0180606根津神社08



楼門の扁額。

      0180606根津神社06



別アングルからの楼門。

      0180606根津神社09



楼門の先には手水舎。

      0180606根津神社10



こちらは、唐門。

      0180606根津神社11


唐門の彫刻。

      0180606根津神社12



なぜか、卍マーク。

      0180606根津神社13

神仏習合の名残りでしょうか?



唐門の先には社殿(拝殿)。

      0180606根津神社14



拝殿正面。

      0180606根津神社15


      0180606根津神社16


      0180606根津神社17


      0180606根津神社21



拝殿正面に掲げられた扁額。

      0180606根津神社18


拝殿前の狛犬。

      0180606根津神社19


      0180606根津神社20


     
拝殿前の天水桶。

      0180606根津神社22



こちらは、授与所。

      0180606根津神社23

御朱印は、こちらで拝受出来ます。


御朱印帳を渡して、待っている間に参拝しちゃいましょう。

      0180606根津神社24


別アングルからの拝殿。

      0180606根津神社26


      0180606根津神社25


     
こちらは、本殿。

      0180606根津神社27



拝殿前にあった建物。
これは何だろう?

      0180606根津神社28



願掛けカヤの木。

      0180606根津神社29



こちらは、舞殿。

      0180606根津神社30

いわゆる神楽殿ですね。



根津神社の敷地は広く、参道も3ヶ所あります。


こちらは、北参道口の社号標。

      0180606根津神社31


北参道口の鳥居。

      0180606根津神社32


その鳥居に掲げられた神額。

      0180606根津神社33



もう1ヶ所は、西参道口。


西参道口の神輿庫。

      0180606根津神社34




西参道口から入ると、右側には駒込稲荷。


駒込稲荷の狛狐。

      0180606根津神社43


      0180606根津神社44



駒込稲荷の手水舎。

      0180606根津神社40



駒込稲荷。

      0180606根津神社41


      0180606根津神社42



駒込稲荷の脇には庚申塔と青面金剛像。

      0180606根津神社38


      0180606根津神社39

やはり、神仏習合の名残りは残っていますね。




そして、その隣には乙女稲荷神社。

稲荷神社と言うだけあって、こちらも鳥居が多い。

      0180606根津神社35


      0180606根津神社36


      0180606根津神社45


乙女稲荷神社の千本鳥居。

      0180606根津神社46

実際には千本は無いけれど、朱色の鳥居が連なる姿は
一種独特の雰囲気ぐ有ります。


こちらが、乙女稲荷神社。

      0180606根津神社47


      0180606根津神社49


扁額。

      0180606根津神社48

乙女の女が平仮名で『め』なのが、面白い。


境内社ではあるけれど、この乙女稲荷神社は
そこいらの稲荷神社に負けない風格と規模。
境内社でこれだけの規模があると、
根津神社の風格が、また一段と高まって見えてきます。
      

こちらが、根津神社の御朱印。

      0180606根津神社50

一見、墨書きに見える『根津神社』の文字も実はスタンプ。
参拝者がから、苦肉の作なんだろうか.............?






関連記事
スポンサーサイト
2018/07/25 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit