FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

御朱印巡り...............豊受稲荷本宮 (2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、柏市の神社巡り。


柏神社をあとにして、向かった先は.............豊受稲荷本宮


豊受稲荷本宮は、柏市豊四季に鎮神社です。

『豊受』と書いて『ゆたか』と読むそうです。
全国でも珍しい神仏混淆(神仏習合)の稲荷神社です。
戦後に創建された比較的新しい歴史の神社で、
京都の「伏見稲荷大社」からの勧請。
「伏見稲荷大社」と同様に神社本庁には属していない単立神社ですが、
創建者であり先代の宮司が神仏習合(神仏混淆)に拘り、
様々な神と仏を祀った、現代では珍しい神仏習合の神社だそうです。


意外に小さな神社であり、鎮守の森もなく
神社らしくない雰囲気もあり、最初は気付かずに
車で通り過ぎてしまいました(笑)


社号標の代わりの看板。

      20180602豊受稲荷神社01

それなりに大きいのに、何故気付かなかったのだろう!



鳥居。

      20180602豊受稲荷神社02

鳥居も建物の陰になっていて見過ごしたんでしょう。



鳥居に掲げられた神額。
(神仏習合だから、この場合は扁額か?)

      20180602豊受稲荷神社03



鳥居の先の狛犬。

      20180602豊受稲荷神社07


      20180602豊受稲荷神社08




拝殿。

      20180602豊受稲荷神社04

拝殿の一部は社務所の陰になり、
表通りからも分かりづらい。


拝殿正面。

      20180602豊受稲荷神社05



拝殿の扁額。

      20180602豊受稲荷神社06



拝殿の提灯。

      20180602豊受稲荷神社09

提灯がこんな形で吊るされているのは、寺院っぽい。




拝殿前の狛狐。

      20180602豊受稲荷神社10


      20180602豊受稲荷神社11



こちらが、本殿。

      20180602豊受稲荷神社12



境内末社。

      20180602豊受稲荷神社13



短い参道には赤い幟が立ち並ぶ。

      20180602豊受稲荷神社14


おっ! 七福神?

      20180602豊受稲荷神社15



台座の銘を見ると、『かしわ七福神』とある。

      20180602豊受稲荷神社16

かしわ七福神は、柏に住む人々によって結成された「かしわ七福神創立を考える会」が、
柏市にも七福神巡りを、と云う理念の基で活動を行っていたそうです。
数年前から七福神の像を設置し始めましたが
暫く、の間、寿老人と毘沙門天が未定であったため頓挫していました。
平成29年末に残りの七福神が決まり、
寿老人と毘沙門天の像も設置される運びとなったそうです。
しかしながら、未だ『かしわ七福神』として大々的にPRはされていないようです。


こちらが、かしわ七福神 福禄寿 。

      20180602豊受稲荷神社17



さて、豊受稲荷本宮の御朱印は何種類もあるようです。

      20180602豊受稲荷神社18

基本型と、季節限定のカラー(書置き版)。
この日は、限定版は6種類用意されていたようです。

基本版と限定版を1種お願いしました。


御朱印を待つ間、出されたお茶を飲んでます。

      20180602豊受稲荷神社19



こちらが、豊受稲荷本宮の御朱印。

基本型。墨書きです。

      20180602豊受稲荷神社20



8月末まで限定の『星空にむかって』バージョン。
書置きですが、見開き版。

      20180602豊受稲荷神社21

この限定とか、カラーバージョンや見開き版と言うのが曲者。
何となく商売っ気を感じちゃうんだけど...............

そうは言いながらも、ついついお願いしちゃうんだよなぁ(笑)




関連記事
スポンサーサイト
2018/07/20 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit