FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............子守神社 (2018年5月8日)(千葉県千葉市) 

5月8日

この日は、佐倉市近郊の神社の御朱印巡り。

子安神社をあとにして、向かった先は...............子守神社



子守神社は、千葉市花見川区幕張町に鎮座する神社です。


建久5年(1194年)、大須賀胤信によって創建されたと伝えられています。

御祭神は稲田姫命,素盞嗚命,大己貴命。
かつて幕張町が素加の庄と言われていた頃は、
素加天王神社と称していましたが、
御祭神の三柱の大神を奉斎し、安産子育の社として
幕張地区の総鎮守の神社であるそうです。

御祭神は稲田姫命,素盞嗚命,大己貴命。

7年に1度行われる下総三山の七年祭りでは、
子守神社が子守役として参加しています。



こちらが、子守神社の社号標。

      20180508子守神社01

社号標には九曜に月星紋。
ひょっとして...............



期待を胸にアスファルトの参道を進みます。

      20180508子守神社02



こちらが鳥居。

      20180508子守神社03



鳥居に掲げられた神額。

      20180508子守神社04



拝殿前にて。

      20180508子守神社05



狛犬。

      20180508子守神社06


      20180508子守神社07



手水舎。

       20180508子守神社08



定番の龍の吐出口。

      20180508子守神社09


      20180508子守神社10



こちらが、拝殿。

      20180508子守神社11



拝殿正面の鬼瓦にも、九曜に月星の紋。

      20180508子守神社12

これは、千葉氏に所縁のある神社に違いない。



拝殿正面の飾りの彫刻。

      20180508子守神社13



別アングルからの拝殿。

      20180508子守神社14


      20180508子守神社15



再び、『九曜に月星』の紋。

      20180508子守神社16

どんよりとした曇り空に『九曜に月星』の紋が輝いています。



こちらが、本殿。

      20180508子守神社17



境内社の厳島神社。

      20180508子守神社18


同じく、境内社の天神社。

      20180508子守神社25



末社。

      20180508子守神社19



こちらは授与所。

      20180508子守神社20

普段は無人のようです。



御輿殿。

      20180508子守神社21



力石。

      20180508子守神社22



壁沿いに建ち並ぶ板碑群。

      20180508子守神社23



厳島神社の脇に飾られている錨。
実際に幕張の海で使われていた錨だそうです。

      20180508子守神社24


      
こちらは、御神木。

      20180508子守神社28



肝心の御朱印ですが、
神社前の社務所(宮司宅?)にて拝受して出来ます。

      20180508子守神社26



こちらが、子守神社の御朱印。

      20180508子守神社27

特徴のある力強い書体。
『九曜に月星』の紋の印も押されています。


宮司さんに話を伺ったところ、
やはり千葉氏に所縁のある神社だそうです。

九曜紋や月星紋は知っていたけど、
『九曜に月星』の紋は知らなかったなぁ。






関連記事
スポンサーサイト



2018/06/26 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit