FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

子安神社 (2018年5月8日)(千葉県千葉市) 

5月8日

佐倉市周辺の御朱印巡りに出かけたこの日。

向かった先は...............子安神社。


子安神社は、千葉市花見川区畑町に鎮座する神社です。

子安神社の創建は、第50代桓武天皇の平安時代初期の延暦年間(782年〜806年)に
この一帯を支配する豪族により築かれた子安古墳のお山を御神体として、
五穀豊穣の神として創祀されました。
当初は、子安大明神として祀られていましたが、
第60代醍醐天皇の延喜年間(901年〜923年)に
奇稲田姫命を勧進して祀りました。

左大臣藤原時平が特に深く崇敬し、
霊験著しく安産の守護神として多くの尊崇を得たと言われています。

また、600年ほどの歴史がある下総三山の七年祭り(七年祭)に
二宮神社、子守神社、三代王神社とともに最初から参加していた一社で、
今でも母役で参加しています。


こちらが、子安神社の社号標。

      20180508子安神社01



こちらが鳥居。

      20180508子安神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20180508子安神社03



鳥居の脇には、こんな立て看板。

      20180508子安神社04

残念だけど びいすけ には、ちょっとの間だけ
車の中で待機してもらいましょう。



社殿へと続く参道。

      20180508子安神社05



参道脇の看板。

      20180508子安神社06

何と、九曜紋が描かれています。


参道の片隅には、青面金剛像。
神仏習合時代の名残りでしょうか?

      20180508子安神社07



この一画には、板碑が建ち並びます。

      20180508子安神社08



子安神社の由緒書き。

      20180508子安神社09



社殿が見えてきました。

      20180508子安神社10



境内入口の狛犬。

      20180508子安神社11


      20180508子安神社12



こちらにも、千葉県神社庁の規範神社の碑がありました。

      20180508子安神社13



こちらは、手水舎。

      20180508子安神社14


定番の龍の吐出口。

      20180508子安神社15



こちらが、拝殿。

      20180508子安神社16


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180508子安神社17



拝殿正面の彫刻。

      20180508子安神社18



拝殿正面。

      20180508子安神社19



賽銭箱には九曜紋。

      20180508子安神社20



画面が暗くて見づらいですが、鬼瓦にも九曜紋。

      20180508子安神社21



別アングルからの拝殿。

      20180508子安神社22



こちらは、本殿。

      20180508子安神社23



こちらは、授与所ですが、閉まっています。

      20180508子安神社24



授与所。(正面から)

      20180508子安神社25



こちらは、参集殿でしょうか?

      20180508子安神社26



神楽殿。

      20180508子安神社27



神輿殿。

      20180508子安神社28


境内社の稲荷大明神。

      20180508子安神社29



同じく境内社の金毘羅神社。

      20180508子安神社30



子宝地蔵。

      20180508子安神社31



妙見宮。

      20180508子安神社32


他にも祠が多い。

      20180508子安神社33


      20180508子安神社34


      20180508子安神社35


      20180508子安神社37


で、肝心の御朱印ですが...............

この日は、誰も居らず社務所にも人の気配はありません。
念のため、携帯から電話してみましたが、
空しい呼び出し音が授与所の奥から響いてきます。

まあ、こんな事もあるでしょう。




関連記事
スポンサーサイト



2018/06/25 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit