FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今週はコレ!...............ENICAR(2018年5月14日) 

5月14日

毎週、月曜日に着け変えている腕時計。


今週はこちら ↓

      20180513ENICAR01


ENICAR。


ENICARは、スイスの老舗ブランドです。
土星のマークが印象的なENICAR(エニカ)ですが、歴史は意外と古く
1854年にスイスのレングナウでラシン家によって創設されました。

19世紀前半のスイス北西部の小さな町であるLa Chaux-de-Fondsと
Grangesがスイス時計製造の中心地でした。

当時、Grangesを拠点とするラシン家は有名な時計製造者でした。
創業者のAriste Racineは、苗字を逆さに綴ったブランド、「Enicar」を設立。
以来、彼は高品質の時計製造に献身的に取り組みました。
特に彼が革新した懐中時計は読みやすく、第一次世界大戦中には
欧州の兵士や鉄道の乗組員に最も愛されたそうです。

その後アメリカ空軍に軍用時計を供給し、
大戦後の1951年には日本にも正式に輸入され
人気を博し、その名を広めました。



この腕時計も、10年ほど前の腕時計収集にハマっていた時期に
ヤフオクでゲットした中古品。

クッション型のケース。
ちょっぴり丸みを帯びたケースは好きな形状。

      20180513ENICAR02



金色のケースは、ちょっぴりオジさんチック。

      20180513ENICAR03



長年使われてきた時計のようですが
ケース裏蓋は、まだまだ輝きがある。

      20180513ENICAR04



土星とイルカのマークもはっきりしている。

      20180513ENICAR05



では、腕に着けてみましょう。

      20180513ENICAR06



ケースとマッチングしたゴールドの文字盤が、何となく良い。

      20180513ENICAR07


さあ、今週も頑張りましょう!!



関連記事
スポンサーサイト



2018/06/28 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit