FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

白河の関 (2018年4月27日)(福島県白河市) 

4月27日

御朱印を拝受するために訪れた白河神社。

実は、白河神社が鎮座する地は、白河の関跡になります。
白河の関は、鼠ヶ関(ねずがせき)・勿来関(なこそのせき)とともに、
奥州三関の一つに数えられる関所です。
都から陸奥国に通じる東山道の要衝に設けられた関門として史上名高い関です。
その設置の年代は不明ですが、奈良時代から平安時代頃に機能していた国境の関で、
蝦夷の南下や人、物資の往来を取り締まる機能を果たしていたと考えられています。

関の廃止の後、その遺構は長く失われて、その具体的な位置も分からなくなっていましたが、
寛政12年(1800年)、白河藩主の松平定信が、文献による考証を行い、
その結果、白河神社の建つ場所をもって、白河の関跡であると論じたそうです。

その白河の関。
そこには、城郭遺構が残されています。
関所と言うからには、番人も居ただろうし、
役人の居住地(館)があってもおかしくない。
ましてや、奈良時代や平安時代初期ともなれば
防御機能を備えた空堀や土塁があってもおかしくない。
と、言うわけでいつものように、
余湖さんのHPから縄張り図をお借りしました。

白河の関館跡の縄張り図。

      白河の関 縄張り図


こちらが、城址碑ならぬ、関所跡の碑。
『白河関跡』の碑。

      
20180427白河の関01



『白河の関』の説明板。

      20180427白河の関02



白河の関の発掘調査の説明板。

      20180427白河の関03

1960年代の発掘調査を行った結果、
土塁や空堀を設け、それに柵木を巡らせた古代の防禦施設を検出しました。
その後、昭和41年に「白河関跡」として国の史跡に指定されたそうです。



松平定信による古関蹟の碑。

      20180427白河の関04

白河藩主である松平定信(楽翁)が寛政12年(1800)年8月に、
ここが白河関跡であることを断定し、建立した碑です。



白河神社の脇にある空堀。

      20180427白河の関05


      20180427白河の関06



空堀手前に鎮座する祠。

      20180427白河の関07



土橋。

      20180427白河の関08



土橋脇の土塁。

      20180427白河の関09


土橋の先は、1の郭。

      20180427白河の関10

郭の周囲を土塁が取り囲んでいます。



郭そのものは約30m四方な方形。

      20180427白河の関11



白河神社脇の空堀はぐるっと郭の周りを巡っています。

      20180427白河の関12



この辺りの空堀は埋め戻されているようです。

      20180427白河の関13



敷地内に建つ句碑。

      20180427白河の関14



この地は、西山国師遺跡霊場の札所でもあるようです。

      20180427白河の関15



こちらは、従二位の杉。

      20180427白河の関19
      20180427白河の関20



鎌倉前期の歌人である従二位藤原宮内卿家隆が手植し、
奉納したと伝えられる古木だそうです。
推定樹齢は約800年、周囲約5メートルの巨木です。

      20180427白河の関21




こちらは、旗立の桜

      20180427白河の関22

治承4年(1180)源義経が平家追討のため平泉を発し、
この神社に戦勝を祈願するため旗揃えをした際に、
この桜に源氏の旗を立てたと伝えられています。



午前中に訪れた小峰城が近代的な城郭としたら
この白河の関は、仮に居館跡としても土の城。

      20180427白河の関16



空堀と土塁しか残っていないけれど、
それらが中世の城郭だと改めて認識させてくれます。

      20180427白河の関17


      20180427白河の関18


御朱印巡りで訪れた白河神社でしたか、白河市ではメジャーな観光地でもあり
それが、中世の城郭でもある。
個人的には1粒で2度おいしい、グリコのキャラメルのような白河の関でした...............。



関連記事
スポンサーサイト



2018/06/14 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit