FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............南湖神社 (2018年4月27日)(福島県白河市) 

4月27日

1泊2日の福島県への旅行。

その2日目は、白河市が舞台です。
白河市では、丸ポスト探し、マンホールカード、城址巡り、
御朱印巡り、廃校巡りと予定はてんこ盛り。

丸ポスト探し、マンホールカード、城址巡りと続き次なるは御朱印巡り。

白河市民の憩いの場である南湖の湖畔に鎮座する南湖神社です。


南湖神社は、白河市の南湖公園内に鎮座し、
御祭神として松平定信(白河楽翁)公を祀っています。
その歴史は意外と浅く、大正9年に神社設立が認可され、
大正11年に創建されました。

御祭神である松平定信公は、26歳で藩主になりましたが、
当時は天明の大飢饉でした。定信公は関西地方に使者を出して、
食料を大量に買いこんで人々に施されたため、
白河藩からは飢饉による死者を一人も出さなかったと言われています。
また、日本最古の公園である「南湖」を築庭し、
身分制度の厳しい時代ながら一般庶民にも開放されるなど、
様々な立派な施政を行われ、名君と称えられていたそうです。



こちらが、南湖神社の社号標。

      20180427南湖神社01


      20180427南湖神社02



参道の真ん中には、楽翁(松平定信)像。

      20180427南湖神社03



それでは、南湖神社をお参りいたしましょう。

      20180427南湖神社04



参道には、よく見かける『定』(←何て言うのか知りません)

      20180427南湖神社05

境内に犬禁止とは書かれていない。
ちょっぴり安心。


鳥居。

     20180427南湖神社06



鳥居に掲げられた神額。

     20180427南湖神社07



こちらは、授与所のようですが、無人。

     20180427南湖神社08



例年、見事な花を咲かせる枝垂れ桜。
楽翁桜と言うらしい。

       20180427南湖神社09
      20180427南湖神社10

この日は見事に葉桜状態。
例年だと4月20日前後が見頃らしいが
今年は白河の桜の開花も早かったようです。



手水舎。

      20180427南湖神社11



定番の龍の吐出口。

      20180427南湖神社12



さらに参道は続きます。

      20180427南湖神社13



社殿が見えてきました。

      20180427南湖神社15



こちらが、拝殿。

      20180427南湖神社14


     
拝殿正面。

      20180427南湖神社16



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180427南湖神社17



別アングルからの拝殿。

      20180427南湖神社18



こちらは、本殿。

      20180427南湖神社19


本殿の神紋。三つ巴ですね。

      20180427南湖神20



拝殿前の狛犬。

      20180427南湖神21


      20180427南湖神22



拝殿前の天水桶。

      20180427南湖神23

こちらには、星梅鉢の神紋。



境内社の南湖稲荷神社。

      20180427南湖神24



こちらが社務所。

      20180427南湖神25



細長い建物。

      20180427南湖神26

授与所も兼ねているようです。
御朱印は、こちらで拝受しました。


社務所の片隅には、御神酒所。

      20180427南湖神27

何と、3種の御神酒を試飲出来ます。

あっ! 車の運転があるから、私は試飲しませんよ!



松平定信が残した遺品が残る宝物殿。

      20180427南湖神28



境内の御神木。

      20180427南湖神29
      20180427南湖神30



境内にどぉ〜んと置かれた大きな絵馬。

      20180427南湖神31

今年は戌年。
記念に1枚、パチリ☆。



そして、こちらが南湖神社の御朱印。

      20180427南湖神32


他の人のブログを見ると、桜の季節限定印と言うことらしいです。


関連記事
スポンサーサイト



2018/06/13 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit