FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

高倉神社 (2018年4月26日)(福島県南会津郡下郷町) 

4月26日

1泊2日の南会津方面への旅行の初日。
大内宿へやって来ました。

大内宿は、昨年の7月にも訪れています。
( その時の記事は こちら

今回は、宿場町よりも大内宿に鎮座する神社が目的。
伝統的な藁葺き屋根の古民家集落のすぐ側に鎮座する高倉神社です。


高倉神社は、下郷町大内宿に鎮座する神社です。
創建時期は不詳ですが、古くから神仏習合し、
『高倉大明神』と呼ばれてきたそうです。

明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色は一掃され、
明治3年(1870年)に社号を『高倉神社』に改称しました。

御際神は以仁親王(もちひとしんのう)です。


 
以仁親王とは高倉宮以仁親王のことで、三条宮とも呼ばれていました。
後白河法皇の第三皇子で、幼少の頃から多彩な才能に恵まれ、
管弦・詩歌の道に優れ、皇位継承者と目されていましたが、
治承4年(1179年)、父である後白河天皇が平清盛のクーデターにより幽閉され、
皇位を奪われてしまいました。
翌、治承4年(1180年)4月、以仁親王は平家討伐を決意し、
平家追討の「令旨」を全国の源氏に発しました。
しかしながら、以仁親王は翌年、平氏に討たれてしまいました。

この平家追討の令旨がもとで、源頼朝、木曽義仲等が挙兵し、
平氏滅亡のきっかけをつくったとされています。

その以仁親王が、大内宿に潜行していたと言う伝承が
大内宿には残されているそうです。




古民家沿いに建つ社号標。
こちらが高倉神社の社号標。

      20180426高倉神社01


境内社になる古峯神社の社号標。

      20180426高倉神社02


一際目立つ一の鳥居。

      20180426高倉神社03



古民家の集落からちょっと離れた森に高倉神社が在ります。

こちらも高倉神社の社号標。

      20180426高倉神社04



二の鳥居。

      20180426高倉神社05


      20180426高倉神社06



参道は狭い石段。

      20180426高倉神社07


      20180426高倉神社08



参道途中の石仏。

      20180426高倉神社09



三の鳥居。

      20180426高倉神社10


      20180426高倉神社11



社殿が見えて来ました。

      20180426高倉神社12



こちらが、拝殿。

      20180426高倉神社13



拝殿の飾りの彫り物。

      20180426高倉神社14



拝殿屋根の神紋。

      20180426高倉神社15



別アングルからの拝殿。

      20180426高倉神社16



そして、こちらが本殿。

      20180426高倉神社17


      20180426高倉神社18



境内社。

      20180426高倉神社19

こちらが、古峯神社なんでしょうか?



本殿の裏手には石積みされた祠も数基あります。

      20180426高倉神社20



こちらが、御神木。

      20180426高倉神社22
      20180426高倉神社21



高倉神社の境内には、社務所も無く無人の神社。
大内宿のお土産屋さんが社務所となっているらしい。

社務所のお土産屋さんを探します。

      20180426高倉神社23


      20180426高倉神社24


      20180426高倉神社25

南仙院と言うお土産屋さんを探しますが、
本家の南仙院とか分家の南仙院とかあるらしい。
ちょっとややこしい。


ちょっと疲れたから、一休み。
お土産屋さんで、『いも餅』で一息をつきました。

      20180426高倉神社26

いも餅を狙う びいすけ 。


残念だけど、君は食べられないよ!

      20180426高倉神社27



結局、南仙院の場所が分からず、駐車場のオジさんに聞いたら
駐車場から1番近いお土産屋さんでした。


こちらが、高倉神社の御朱印。

      20180426高倉神社28

分家南仙院さんで頂きました。

実は、数日前に電話をしていて
この日に参拝する旨を伝えて御朱印をお願いしていました。

宮司さんは、本来は会津若松市にお住まいだそうで、実家が南仙院さんらしい。
どうやら、宮司さんのお母様と連絡を取ったことになるようですね。

事前に連絡を入れていたから、今日の日付けを入れて
前日に御朱印を書き置いてくれたそうです。

ありがとうございました。




関連記事
スポンサーサイト



2018/06/08 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit