FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

八幡の大ケヤキ (2018年4月26日)(福島県南会津郡下郷町) 

4月26日

1泊2日の南会津方面への旅行の初日。
桜を求めて(?)下郷町を移動します。

戸赤集落から大内宿へと目指しますが、
その途中の中山集落に巨木あります。
昨年も、その巨木の前を通ったのですが、
急いでいた為、素通りをしてしまいました。
実は、それがちょっと心残り。

ならば、今年立ち寄らねば!


中山集落に到着。
大内宿へと向かう県道沿いに、『八幡の大ケヤキ』は聳えています。


こちらが、『八幡の大ケヤキ』。

      20180426中山の大ケヤキ01

中山宿にあるから、『中山の大ケヤキ』とも呼ぶらしい。



標柱。

      20180426中山の大ケヤキ02



説明板。

      20180426中山の大ケヤキ03



そして、その全容。

      20180426中山の大ケヤキ04
        20180426中山の大ケヤキ05



昔の会津西街道に、どぉ〜んと聳えています。

            20180426中山の大ケヤキ06
          20180426中山の大ケヤキ07
      20180426中山の大ケヤキ08


説明板の内容を要約すると...............

天喜3年(1055年)、陸奥の安倍貞任討伐に向かった源八幡太郎義家が、
険路に難渋して、中倉村の司であった二宮太郎兵衛の家で休息しました。
太郎兵衛は快く迎え入れ、大沼郡尾岐村に至る間道を教えたそうです。
そのおかげで義家は首尾よく賊を討つことが出来、
感謝の印として、二宮邸の庭先にケヤキを植えました。
それがこの大ケヤキだと言うことです。

樹齢千年近い欅と言うことになりますね。



しかしながら、この大ケヤキよりも
数十m先に見事な花を咲かせる桜の方が気になった。

      20180426中山の大ケヤキ09


やっと、南会津の桜を満喫出来たような気がします...............(笑)。





関連記事
スポンサーサイト



2018/06/08 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit