FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

戸赤の山桜   (2015年4月26日)(福島県南会津郡下郷町) 

4月26日 

1泊2日の南会津方面への旅行。
『南会津の桜をバックに廃校を!』とやって来ましたが
今年は例年より桜の開花が早く、
『廃校の桜』と言うテーマを満喫出来ていません。

急遽、予定を変更って言うか追加。

旧・楢原小学校のある豊成地区から山あいへと移動。
山桜で有名な戸赤地区へと向かいました。


『戸赤地区』は「戸石」「赤土」「木地小屋」が合併してできた地区です。
下郷町の西に位置し、周囲を山に囲まれた小さな集落で、
かつては漆器の木地づくりで栄えていたそうです。

戸赤の山桜は、そんな雪深い戸赤集落の祖先が
春の楽しみのためにと、留め木にして残してくれた山桜が約100本あり、
春になると山麓一面に美しく咲き競うそうです。



段々と細くなる道を走り、戸赤集落に到着。
戸赤集落には、昨年の夏の南会津への旅行で
この集落に在った戸赤分校に訪れました。
(その時の記事は こちら


今回は、単純に山桜を見ようと訪れました。


駐車場に車を停めて、山桜のある山へと向かいます。

      20180426戸赤の山桜01



桜の花でしょうか?
所々、山が色付いています。

      20180426戸赤の山桜02


      20180426戸赤の山桜03



山の中を30分ほど散策するハイキングコースがあるようです。
説明板をじっくりと読み、いざ! 山桜のハイキングコースへ!!

      20180426戸赤の山桜04



いきなりの上り階段。
これが、勾配がキツくて辛かったぁ。

      20180426戸赤の山桜05

びいすけ は快調そのもの。
テンポよく上がっていくから、リードが引っ張られる。
ロングリードにしなかったのが、大失敗。



息をゼイゼイ切らし、階段を上りきり一休み。

      20180426戸赤の山桜06



尾根沿いに移動します。

      20180426戸赤の山桜07



しかし、100本の山桜は何処だ?
なかなか山桜に巡り会えない。

      20180426戸赤の山桜08



やっと見つけた山桜。

      20180426戸赤の山桜09

既に、半分以上散ってるし...............。



こちらも、見頃にはちょっと遅かったかな?

      20180426戸赤の山桜10



里山の川沿いの桜が一番見頃でした。

      20180426戸赤の山桜11



南会津の雪解けの水。

      20180426戸赤の山桜12

心なしか、川の水の流れは早い。



川沿いの土手道を、山桜の山をバックに歩きます。

      20180426戸赤の山桜13



絵のような一面の山桜を期待していましたが
現実は、そんなに甘くないようです。

      20180426戸赤の山桜14



2018年の南会津には、春はちょっぴり早く訪れてしまったようです。






関連記事
スポンサーサイト



2018/06/07 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit