FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

音無神社 (2018年3月29日)(静岡県伊東市) 

3月29日

伊豆旅行の2日目。

葛見神社をあとにして、、向かった先は..................音無神社


音無神社は、音無神社は、伊東の中心部を流れる松川の東岸、
伊東市音無町に鎮座する神社です。
創建時期等は分かりませんが、
御祭神に安産の神様である「豊玉姫命(とよたまひめのみこと)」が祀られています。
しかしながら、音無神社は「源頼朝・八重姫」ゆかりの地として知れ渡っているようです。

伊豆へ配流された「源頼朝」は、平家方の「伊東祐親」の預り所となります。
頼朝は、「伊東祐親」が京都へ三年間の大番役についていた間に、
祐親の三女の八重姫と恋仲になり、「千鶴丸」という子供まで生まれてしまいます。
これを知った祐親の怒りに触れ、千鶴丸は殺され、
二人の仲も引き裂かれてしまいます。

そんな頼朝と八重姫が密かに逢っていた場所が
この神社の「おとなしの森」だったと伝えられているそうです。




こちらが、音無神社の社号標。

      20180329音無神社01



こちらが鳥居。

      20180329音無神社02



音無神社には2種類の幟が、何本も立てられています。


その一つがこちら。

      20180329音無神社03

氏子さんたちが立てたモノのようです。


そして、もう一つがこちら。

      20180329音無神社04

『八重姫ゆかりの地』となっています。
こちらは、観光協会?



手水舎。

      20180329音無神社05


そして社殿。

      20180329音無神社06


      20180329音無神社07



拝殿正面。

      20180329音無神社08

  
正面に掲げられた扁額。
 
      20180329音無神社09

扁額の脇には柄杓が並びます。



拝殿前にも、穴の開いた柄杓が奉納されています。

      20180329音無神社10

穴の開いた柄杓は、水がスポッと抜ける事から
安産につながると言う、安産の神様である音無神社ならではの風習ですね。



別アングルからの拝殿。

      20180329音無神社11



拝殿の長押にも、多くの穴の開いた柄杓が奉納されています。

      20180329音無神社12




こちらが、本殿。

      20180329音無神社13



境内社。

      20180329音無神社14



境内社の隣には、音無の森と頼朝・八重姫伝承について
触れた説明板が建っています。

      20180329音無神社15



さらにその脇には、天然記念物にされたタブの木。

      20180329音無神社16



      20180329音無神社17
      20180329音無神社18


本殿裏の森の中にも頼朝と八重姫の逢瀬を偲ぶ碑。

      20180329音無神社20




境内の片隅に、先ほどとは別な頼朝と八重姫の伝承の説明板。    

      20180329音無神社22


そして、その隣には伝承の絵物語。

      20180329音無神社23


      20180329音無神社24


      20180329音無神社25



こちらが社務所。

      20180329音無神社19

残念ながら閉まっています。
実は、数日前に連絡を取ろうとしましたが
登録されていた電話番号は繋がらない。
『おかけになった番号は、現在使われておりません』
悲しいアナウンスが流れてきます。
宮司さんと連絡が取れれば、御朱印をお願い出来たかも?


関連記事
スポンサーサイト



2018/05/13 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit