FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............二宮神社 (2018年3月14日)(千葉県船橋市) 

3月14日

この日は、習志野市近郊の神社巡りをしていました。


船橋市の八王子神社をあとにして、向かった先は..................二宮神社



二宮神社は、第52代天皇・嵯峨天皇の御勅創による創建とされており、
1200年以上の歴史のある古社です。
古来から安産の神として地域の人々に親しまれています。
祭神は、速須佐之男命・稻田比賣命・大國主命・藤原時平・大雀命・譽田別命を祀っています。
古来、寒川神社・二宮大名神と呼ばれていました。
文安2年(1445年)馬加の城主・馬加陸奥守康胤(後に千葉康胤)の
安産祈願成就に起源する大祭が、『下総三山の七年祭り』と称して
丑年と未年の七年毎に行われています。


こちらが二宮神社の社号標。

      20180314二宮神社01



一の鳥居です。

      20180314二宮神社02



一の鳥居の神額。

      20180314二宮神社03



鳥居の脇の石に注連縄が巻かれている。
ひょっとしたら、『さざれ石』?

      20180314二宮神社04



反対側には石碑。

      20180314二宮神社05

鳥居再建記念碑と記されています。


鳥居をくぐって石段を下る参道。

      20180314二宮神社06



参道の途中にある井戸。

      20180314二宮神社07



二の鳥居近くには、船橋市の天然記念物に指定されたイチョウ。

      20180314二宮神社08


      20180314二宮神社09


こちらが、二の鳥居。

      20180314二宮神社10


二の鳥居前の狛犬。

なぜか、緑色の前掛けをしています。

      20180314二宮神社11


      20180314二宮神社12



二の鳥居の先には拝殿。

      20180314二宮神社13



手水舎。

      20180314二宮神社23



そして、こちらが拝殿。

      20180314二宮神社14


拝殿内部。

      20180314二宮神社17


拝殿正面に掲げられた扁額

      20180314二宮神社18



拝殿正面の飾りと彫り物。

      20180314二宮神社19


      20180314二宮神社20



別アングルからの拝殿。

      20180314二宮神社21


拝殿の鬼瓦には七曜紋。

      20180314二宮神社22

『なぜ、千葉氏の家紋があるの?』と思いましたが、
よくよく考えたら、馬加城主・馬加陸奥守康胤(後に千葉康胤)の所縁のある神社。
千葉氏の家紋があってもおかしくない。

でも、個人的に千葉氏の家紋を見つけると嬉しい。
ましてや、予想をしてない場所で見かけると尚更です。




拝殿前の狛犬。

      20180314二宮神社15


      20180314二宮神社16

    

こちらが、本殿。

      20180314二宮神社24



本殿の屋根にも九曜紋。

      20180314二宮神社25

やっぱり、千葉氏の家紋は映えるねぇ。




こちらは、神楽殿。

      20180314二宮神社26

黒と赤の塗りがシックで垢抜けている。


この神楽殿で舞う神楽も船橋市の指定文化財。

      20180314二宮神社30




こちらは、社務所。

      20180314二宮神社27



こちらが、授与所。

      20180314二宮神社31

御朱印は、こちらでいただく事が出来ます。




御神木。
樹齢400年の大イチョウ。

     20180314二宮神社28
      20180314二宮神社29


 

こちらが、二宮神社の御朱印。

      20180314二宮神社32

丸い朱印は、寒川神社となっている。
古来の神社の朱印をさり気なく押しているあたりは
二宮神社の『延喜式』の論社としてのこだわりなんだろうなぁ..................。



関連記事
スポンサーサイト



2018/04/27 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit