FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

厳島神社    (2018年2月26日)(千葉県千葉市) 

2月26日

この日は、千葉市にある神社の御朱印巡りに出かけました。


千葉公園に隣接する千葉縣護国神社をあとにして、
向かった先は..................厳島神社。



厳島神社は、千葉縣護國神社さんと同じく千葉公園に隣接し、
と言うか、千葉公園の綿内池の畔に鎮座している神社で、
通称では、『弁天様』と呼ばれているらしい。

以前、千葉公園に来たとき、この厳島神社にも立ち寄った記憶があります。


こちらが、社号標。

      20180226厳島神社01


そして、辯財天の碑。

      20180226厳島神社02


その脇には由緒書きの碑が並びます。

      20180226厳島神社03

碑文によれば.........

江戸の昔 綿打池の地籍について 
寒川村と作草部村との間に爭い
があり 藩士のいざ実地検分の前夜 
寒川の綿屋太郎兵衛が弁天様の碑石を 
こつそり寒川村に移し置き 
この池が寒川のものである証とした

明治以降 池のほとりに 
ひつそりと佇む弁天碑に祠を作り
祭祀を行い 社会の福祉に貢献した村人数名の功績は
境内の顕彰碑で知ることが出来る 
又 千葉家が隆盛時代 千葉常胤の六男東胤頼の館が存在し 
爾来この地を吾妻台を呼ばれる 


と記されています。
戦国大名の千葉氏の隆盛時代からこの地は
千葉一族の所縁の地だったんですね。





鳥居前にて。

      20180226厳島神社04



厳島神社の鳥居は、まるで稲荷神社の鳥居のように
何基もの鳥居が並びます。

      20180226厳島神社05


参道の手水舎。

      20180226厳島神社06



手水舎と言ったら、やっぱり龍ですよね。
(光の加減で見難い画像ですが、吐出口の龍です。)

      20180226厳島神社07



狛犬。

      20180226厳島神社08



社殿前にて。

      20180226厳島神社09



拝殿の扁額。

      20180226厳島神社10



拝殿内部。

      20180226厳島神社11


拝殿前の天水桶。

      20180226厳島神社21



元々、神社の敷地は広くなく、
参道もそんなに長くはない。

      20180226厳島神社12


しかし、その敷地内には境内社が多い。


境内社。

      20180226厳島神社14


      20180226厳島神社15


      20180226厳島神社16


      20180226厳島神社17


      20180226厳島神社18


      20180226厳島神社19



そして、顕彰碑。

      20180226厳島神社20


     



こちらが、社務所。

      20180226厳島神社13

御朱印は、こちらで頂くことが出来ますが
この日は、宮司さんが体調悪くて寝ているとの事で
応対に出てくれた宮司さんの奥さんが、申し訳なさそうな顔をしていました。

まあ、またいずれの日にでも
お願いすることにいたしましょう。






関連記事
スポンサーサイト



2018/04/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit