FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの東京散歩⑤ 日枝神社 (2018年1月24日)(東京都千代田区) 

1月24日

神田須田町の柳森神社をあとにして、地下鉄の神田駅まで歩きます。
神田駅から銀座線に乗り、溜池山王駅で下車。

父さんの東京散歩。
久しぶりに赤坂の地にやって来ました。
以前は勤務先が赤坂にあったから懐かしい。

懐かしさを感じながら、足を向けたのは日枝神社。


日枝神社は、武蔵野開拓の祖神・江戸の郷の守護神として江戸氏が山王宮を祀り、
さらに文明10年(1478)太田道灌が江戸の地を相して築城するにあたり、
鎮護の神として川越山王社を勧請したのが始まりとされています。
やがて天正18年(1590)徳川家康が江戸に移封され、江戸城を居城とするに至って
「城内鎮守の社」「徳川歴朝の産神」としてて崇敬され、
また江戸市民からは「江戸郷の総氏神」「江戸の産神」として崇敬されたそうです。


日枝神社のさんどうは何ヶ所かあるようで
こちらは、エスカレーターが併設された裏参道。
どちらかと言うと、広い通りに面していて
エスカレーターまで備えているから、こちらが表参道かと思っちゃいます。


こちらが山王鳥居。

      20180124 日枝神社01


鳥居に掲げられた神額。

      20180124 日枝神社02

『山王日枝神社』となっています。


ペットはNG。

      20180124 日枝神社03

今日、 びいすけ は自宅で留守番だから、良かった。




境内案内図。

      20180124 日枝神社04


案内図を見て、社殿の位置、向きから
もう一つの参道が表参道のようです。


こちらが表参道側。
確かに社号標も建っている。

      20180124 日枝神社05



こちらも山王鳥居。

      20180124 日枝神社06

ただし、神額は掲げられていない。



石段の先にが神門。

      20180124 日枝神社07

こちらを表参道男坂と呼ぶらしい。


石段の先、左側には宝物殿。

      20180124 日枝神社08



こちらが神門。

      20180124 日枝神社09

画像では見づらいけれど、扁額には『日枝神社』。
このような形の門を通常は随神門と呼んでいますね。


隋神門には社殿から門に向かって右側には右大臣。

      20180124 日枝神社10

(門から社殿に向かっていくと左側)


左側には、左大臣の像。

      20180124 日枝神社11

(門から社殿に向かって右側)


こちらは、左大臣の像。

      20180124 日枝神社12


門をくぐり、境内から振り返って見た神門。

      20180124 日枝神社14

画像では見づらいけれど、扁額は『皇城之鎮』





こちらは、手水舎。

      20180124 日枝神社13


      
こちらが社殿。

      20180124 日枝神社15


都内の有名な神社だからか?
平日の午後ですが、参拝者はそれなりに居ます。

      20180124 日枝神社16



拝殿内部。

      20180124 日枝神社17



拝殿の飾り。

      20180124 日枝神社19


      20180124 日枝神社19



拝殿と高層ビル。

      20180124 日枝神社20

やっぱり、都会の神社ですね。



日枝神社では、拝殿脇には狛犬の代わりに猿の像。
神猿像と言うそうです。

『さる』という音から『勝る(まさる)』・『魔が去る(まがさる)』とも考えられ、
『勝運の神』や『魔除けの神』として置かれているそうです。
また、音読みの『えん』という音から、猿が『縁(えん)』を運んで来てくれると考えられ、
商売繁盛や縁結びを祈願する方も多いらしい。


社殿に向かって左側の神猿像。

      20180124 日枝神社21

画像では見づらいですが、子供を抱いていることからメスのようです。


社殿に向かって右側の神猿像。

      20180124 日枝神社22

こちらは、オスのようですね。



こちらが、本殿。

      20180124 日枝神社23


神楽殿。

      20180124 日枝神社24




こちらが、授与所。

      20180124 日枝神社26

御朱印は、こちらでいただくことが出来ます。



こちらは、末社。

      20180124 日枝神社25

末社には、『山王稲荷神社』『猿田彦神社』『八坂神社』が祀られています。



山王稲荷神社の鳥居。

      20180124 日枝神社27

稲荷神社ってこんな感じで赤い鳥居が並ぶから
独特の雰囲気がありますね。


鳥居が建ち並ぶ石段を降りて行けば...............

      20180124 日枝神社28


そこは西参道。

      20180124 日枝神社29


西参道の社号標。

      20180124 日枝神社30

こちらの社号標には『山王日枝神社』と記されています。


こちらにも山王鳥居。

      20180124 日枝神社31


鳥居の神額。

      20180124 日枝神社32



西参道の鳥居の脇には狛犬が鎮座していました。

      20180124 日枝神社33


      20180124 日枝神社34





今回、日枝神社では御朱印帳も頂いて来ました。

      20180124 日枝神社35


何と言っても、オリジナルの御朱印帳にビニールのカバーが付いて
なおかつ、初回の御朱印が付いてくる。
それで初穂料1000円は参拝者を考慮してくれています。

      20180124 日枝神社36



そして、こちらが日枝神社の御朱印。

      20180124 日枝神社37



なかなか、都内に出掛ける機会も少なくなってきたし
赤坂の地に余り縁がなくなったから
こんな機会じゃないと、おそらく訪れる事が無かった日枝神社。
また、いつか訪れたいものです。




関連記事
スポンサーサイト



2018/03/15 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit