FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

赤レンガ門 (2017年12月7日)(茨城県龍ケ崎市) 

12月7日

この日は、茨城県龍ケ崎市に出かけました。

御朱印巡りで訪れた龍ケ崎市の八坂神社。
その隣には、龍ケ崎市中央公園。


その一角に、こんな説明板が建っていました。

      20171207レンガ01



龍ケ崎市の赤レンガ門塀。


赤レンガ門塀は、諸岡良夫氏が大正10年(1921年)2月に
内科・外科・耳鼻咽喉科医院として市内に諸岡邸を新築・開業したものである。
そのレンガは、門柱の高さが3.8m、塀の長さは約35mメートルに及ぶもので、
東京駅と同じレンガが使われ、地方都市では規模も大き く、
時代の先端を行く建造物として評判を呼び、
長らく市民の目を楽しませてきたそうです。
その諸岡邸の敷地が別途利用されることになり、
赤レンガの門と塀も撤去を余儀なくされ、
諸岡邸赤レンガ保存実行委員会が結成され、
市民によるその移築・保存が図られることになり、
平成27年10月にこの地に移築されたそうです。

      20171207レンガ02



確かに赤いレンガ門。

      20171207レンガ03



なかなか、今の時代に赤レンガの門や塀は珍しい。

      20171207レンガ04


この門塀が個人宅に在ったとは...................

      20171207レンガ05




いやはや、凄いことですね。

      20171207レンガ06


      20171207レンガ07


龍ケ崎市の歴史に残る遺産。
良きモノを遺してくれました。



    





関連記事
スポンサーサイト



2018/01/25 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit